双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

ゲームはコスパの良いコンテンツ

      2019/06/20

子どもたちとの生活は

毎日がバタバタで

色々と疲弊しますが

それでもやはり

子どもたちが遊んでいる姿を眺めていると

家族というのは

私にとって

幸せの条件だと

最近再認識しています。

バタバタした生活の中で

時間は刻々と過ぎているようで、

気がついたら子どもたち、

3 歳になっていて

週末、どこで何をして遊ばせようかと

嫁さんと毎週悩んでいたりもします。

私は田舎育ちだったので

週末にどこかに遊びに行くようなことは

そこまで多くなく

お出かけするとしても

祖父母の家に親の車で連れられたり

近所の小さなスーパーの上の階で

たまにランチしたり

そんな記憶がぼんやりある程度です。

娯楽が都会暮らしの人と比べて

圧倒的に少ない感じです。

一方、そんな幼少時代に

日本全国で流行り始めた

ファミコン、

つまりゲームについては

地域的な差がある訳でもなく

もっと言うと、

そこまで貧富の差もなく

誰にも公平に提供されたコンテンツだった気がします。

で、最近、

スマホのゲームが半額とかのセールだったので

ちょっとだけ、大人買いしてしまいました 笑

スポンサーリンク

数百円で幸せ

今回、購入したゲームは

ファイナルファンタジーシリーズの

3、5、6 です。

大人買いしている割に

中途半端です 笑

1、2、4 については

PSP 版でも遊んでいたので

今回は割愛です。

まぁそれでも、

ファイナルファンタジーシリーズの

1-3 はファミコン

4-6 はスーパーファミコン

でした。

およそ 30 年前とかそんなです。

当時、

ファミコンやスーパーファミコンで遊んでいたゲームを

この歳になってもまた購入するとは

思いもしませんでしたが

流石に過去にリメイクされたモノがあり

それをスマホアプリに移植したモノになっています。

で、少しだけ

ファイナルファンタジー 3 をプレイしてみましたが

まぁ普通に面白いですね。

この時間不足な毎日の中で

いつ遊ぶ時間を作ることが出来るのか

全く定かではありませんが

うまくスキマ時間を見つけて

細々と遊びたいと思います。

で、普通に面白いと思える中で

何というか、不思議な幸福感があります。

1 本、

700 円とか 840 円とかそこらで買ったアプリですが

こんな安いコストで

私にとってはかなり大きな幸福感を得ることが出来ました。

何とも、安っぽい人生です 笑

子どもにゲームさせるかどうかは悩ましい

ゲームはコスパの良い趣味だと思います。

しかも、ゲームの市場性を考えると

富裕層だけをターゲットにするようなことは

ほぼありません。

そんなことをすると、プレイヤーの数が絞られますので

マス市場が必ず意識されます。

そうなると、一般人でも十分購入可能なコンテンツになる訳です。

なおかつ、富裕層だろうが一般人だろうが何だろうか

皆が面白いと思える内容だったりする訳です。

例えば、ファンタジーのような世界観や冒険という疑似体験は

お金を出せば出すほど買えるような代物ではなく

本、漫画、ゲーム、映画

そんなコンテンツでしか体験出来ません。

全てマス市場です。

なので、富裕層ですら、

一般人と一緒になって楽しむようなそんなモノです。

つまり、お金が無いからといって

コンテンツの質を落とした結果がゲームとかではなく

お金の有無関わらず、

誰もが楽しみたいコンテンツが

本、漫画、ゲーム、映画

なのです。

さて、

ゲームがこのような位置づけのコンテンツなことは確かなのですが

果たして、子どもたちにゲームを与えるか否か。

これは非常に難しいです。

楽しいコンテンツ過ぎて

子どもたちはゲームしかしなくなる可能性があります。

幼少の頃の私のように 笑

その場合、ゲーム以外の貴重な体験を得る機会を

きっと逃すと思います。

その良し悪しの判断、

非常に難しいところですね…。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 父も勉強