双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

一筆書き、やや上達

      2019/08/09

以前、このブログでも記載していましたが

子どもたちが取り組む KUMON のプリントに

運筆を鍛えるモノがあり

その中で、

始点と終点の間に

どんぐりとか花とかの絵があり

それらを全て一筆書きの線で繋いで

線と線が交差することなく、

視点と終点をつなげる課題があります。

一筆書きだとか、

線と線が交差しない、といった

制約事項というかルールは

課題の説明文には記載されていないのですが

教室の先生からはダメ出しされてしまうので

そうならないように子どもたちに教えて

子どもたちは難しいながらも

一生懸命取り組んでいます。

以前はかなり苦労して

すぐに音を上げてしまっていましたが

最近、また同じ課題が記載されたプリントを

復習で取り組んだのですが

以前よりかなり上達したように思えます。

スポンサーリンク

全然交差しなくなった

子どもたちはずっと注意され続けたため

線と線が交差するとダメ

という記載のないルールについても

十分把握しているようでした。

宿題でプリントに取り組ませてみても

子どもたちが書く線は

交差したものが一つも無かったのです。

どうやったら正解で

どうなったらダメなのか

もうわかっている模様です。

それでも、全ての絵を線で結ぶ際に

まだまだ先を見据えた先の引き方ではないため

最後の絵を線で結んだ跡

終点まで線を結ぶ際、

かなり遠回りの線を引いて繋げることも多々あります。

これも自信過剰の弊害か ?

二人ともかなり上達していますが

竜子 (仮称) の最近の傾向が

ここでも見られました。

ルールを把握しているので

どうすれば良いのか、ちゃんと理解しているみたいですが

どうにも、線を引く前に

練習で指で線を引いてみたり

線を引きながらでも、

先に転がっている絵はどこに何が何個ある

といった情報を確認することなく

線を引いている惰性で

次はどちらに線を引いたら良いのか決めてそうです。

その結果、案の定、線を引き忘れた絵があったり

前述のようにかなり遠回りして終点に線を引いたり

そんな感じになっています。

竜子 (仮称) は自信過剰なようです。

出来る ! と思い込んで

何の躊躇も無く、何の事前検討も無く

そのまま適当に手を動かすので

後でいつも困ってしまっています。

プライドは高いみたいなので

それで上手く行かないと

上手くいっていないことを

認めたくないみたいで

機嫌も悪くなってきます…。

色々と取り組ませる中で成長を感じますが

大胆さだったり、積極性だったり

それらとは逆の慎重さだったり

こういったところは

どの程度のさじ加減を良しとして

褒めたり叱ったりしたら良いものやら。

難しいです。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て