双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

生まれ来る いのち、死に行く いのち

   

子どもたちは絶賛イヤイヤ期で

気難しい感情のコントロールで毎日が大変です。

親の立場でも大変ですが

子どもたちも子どもたちなりに

自分ではどうしようもないイライラがきっとあるのでしょう。

こうしてもらいたいという欲求はあるのですが

何かが許せなく反射的にそれをされようとしても嫌と言ってしまい

それをしなくなるともちろん嫌で。

なので、何をしても止めても、イヤイヤ。

普段はこんなに冷静に考えることが出来ず

感情的に子どもたちを扱うことも増えてしまっていますが

子どもたちの成長には必要な過程と再認識して

もう少し優しく接してあげようといつも思い直しています。

なかなかうまくいきませんが…。

そんな感じで、生まれて成長する命もあれば

最期を迎えようとする命もあります。

これもどうにも、悲しいのですが、

避けられない運命です。

スポンサーリンク

祖母 (子どもたちの曾祖母) の容体

私の祖母は認知症も進んでいて

要介護レベル 3 です。

もう結構な歳なのですが、

私の母親が介護をして生活をしています。

先日、母から連絡があり、

急きょ入院したとのこと。

酸素吸入器が取り付けられ

熱がある状態だった模様です。

もともと認知症だったこともあり

母親が病院に行っても意識があるとき日と無い日もあったとか。

母親のつたない口頭 (電話) での説明だったので

詳しくはわからなかったのですが

白血球がうまく機能していないのだとか。

その後、抗生物質が投与され、思いのほか熱が下がり

表情も良くなり、酸素吸入器も外れたみたいですが

食事をしようとしないみたいで

栄養が足りていないみたいです。

そのため、今は点滴を受けているみたいですが

この状況がやはり良くないとのこと。

胃ろうにするか否か

そんな中、母親は難しい決断を迫られている状況です。

祖母を胃ろうにするか否かです。

栄養の側面では胃ろうにした方が延命出来ます。

しかし、それでも 500 日持つかどうか

といった説明を受けているみたいです。

逆に言えば、もう既に最長でも 500 日の命のようです。

胃ろうにしなければもっと短くなると思います。

ここまではっきりと最期が見えてきた段階になったようです。

祖母が自分で決められたら良いのですが

意識があったり無かったりしますので難しそうです。

母親からどうすべきか相談がありましたが

本人 (祖母) の意思確認は避けて通れないだろうから

まずは聞いてみることを勧めました。

その相談は胃ろうにするかどうかでもありますが

同時に、最期が見えているという事実を知ることにもなります。

本人も周りも、辛い決断になりそうです。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て, 父も勉強