双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

双子という珍しさ消失、か ?

      2017/04/04

前回、保育園 2 年目は少し様子が変わることを記載していました。

2 年目だからという訳では無いようですが、

布おむつ制度が廃止され、紙おむつ運用に変わりました。

また、クラスのお友だちが増えました。

1 歳児クラスの激しい競争倍率の中、

幸運にも選定された子どもたちが加わります。

保活は社会問題になっていると思いますが、

困ったことに解決の目処はありませんね。

政治がお年寄りよりも

もっと若者や子どもに目を向けてくれたら

解決するかもしれませんが、

民主主義ですので難しいでしょうね。

さて話は変わってしまいましたが、元に戻すと、

2 年目の生活ではその他に大きな違いがありました。

スポンサーリンク

新手の双子の登場か !?

3 月末くらいにロッカーの引っ越しがありました。

0 歳児クラスのロッカーから 1 歳児クラスのロッカーに

荷物を移す作業です。

ロッカーには子ども (所有者) の顔写真と名前が貼ってあります。

荷物の引っ越し作業の中気付いたのですが、

同じ苗字で名前が違う子どもの写真が貼られたロッカー 2 つが

目に入りました。

体格も同じ感じに見えましたが、

めちゃくちゃソックリな顔でも無く、

似ている感じがする程度でしたので、

二卵性双生児かもしれません。

勿論、全然他人の可能性もありますが…。

双子という魅力が薄まったか ? 笑

今まで、

うちの子どもたちは 0 歳児クラスの中で

一番誕生日が遅い子どもでした。

つまり、保育園の中で一番小さかった訳です。

そのためか、

上の年齢のクラスのお姉さんお兄さんからも

割りと人気でした 笑

でももう 1 歳児クラスになり、

0 歳児クラスには 1 年前の我々の子どもたちのような

小さな子どもがたくさんです。

となると、うちの子どもたち、

あとは双子という珍しさくらいしか

特徴的な魅力が残りませんが

前述の通りクラスにもう 1 組双子が登場しています。

となると、双子特典も薄まってしまいます。

という訳で、これからはうちの子どもたちは各自、

自らの魅力で戦っていくしかなくなってしまいました 笑

にほんブログ村

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m 育児人気ブログランキングへ
育児 ブログランキング

Facebook ページ

 - 保育園, 子育て