双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

竜子 (仮称)、9 に苦戦

      2019/07/14

以前もこのブログで記載していましたが

子どもたち、KUMON に取り組んでいます。

KUMON は

週 2 回、教室に行って課題に取り組むことと

毎日宿題に取り組む感じになります。

休日はともかく、平日は、

子どもたちと一緒に帰宅してから

食事、歯磨き、お風呂、寝るまでの間、

全然時間に余裕がありませんし

いつも寝かし付けるのが 21 時前後になってしまい、

朝も 5:30 起きで早いため、

理想的には 20 時に寝てほしいように思っていますので

保育園から帰宅してから KUMON の宿題に取り組むことは

不可能と判断して、毎朝、朝食後に取り組んでいるところです。

子どもたち、本当によく頑張っていて

それぞれ成長のスピードに違いがありますが

当初よりも色々と上手になったり

出来ることが増えているように思えます。

改めて振り返ってみると

感心することが多いのですが

宿題をする様を見て、

宿題をサポートしていると

どうしても、イライラすることが多くあります…。

上手く出来ないことに

本人も私もイライラしてしまいます…。

本人はともかく、私は平常心で居るべきなのですが

どうにもそれが、難しいので悩みどころです。

特に、最近では、竜子 (仮称) が 9 を書くのに苦戦していて

どうにも、感情的になってしまいます…。

スポンサーリンク

左右反対になったり傾いたり

まだ子どもたちの年齢からすると

文字や数字の形が頭のなかに定義されていなく

かなり無理な話なのかもしれません。

定義されていないので

書かれているものを見て読むことは出来ても

自分でそれを思い出してアウトプット (書く) ことが

まだまだ難しいみたいです。

でも、この難しい感じが、物凄く中途半端で

間違った定義が出来そうで怖い感じです。

最近、竜子 (仮称) が苦戦している 9 という数字、

反時計回りに丸を書いて

最後に縦に線を引けば 9 になります。

ところが、竜子 (仮称) はどうしても

丸を時計回りに書いてしまい

縦の線も反対側に書いてしまい

左右線対称のモノが出来上がってしまいます。

本人はそれでも 9 が書けたと思ってしまうため

その左右線対称のモノが 9 の定義になりつつあり

非常に危うく思ってしまい

9 を書く練習をさせているのですが

苦手意識を持ってしまって、

余計に混乱するためか、

最後の縦の線が水平に真横に伸びてしまったりと

大人の思考では

どうしてそうなるのか理解出来ないアウトプットと

なってしまいます。

肩の力を抜いて冷静になるべきだが…

恐らく、今の年齢では

鏡に映る左右線対象のモノが異なる形だと

理解できないのだと思います。

認知力というのか何というのか。

そのあたりの発達がまだなのでしょう。

なので、どんなに頑張っても無理だと

私の頭のなかでわかりながらも

どうにも感情コトロールが出来ず

なおかつ、成功体験をしてほしいという

親のお節介が働いてしまい

何度も 9 を練習するように言ってしまいます…。

丸を書く際、時計回りか、反時計回りか。

ランダムに取り組んでも 2 択なので

何回か試させているうちに正解に辿り着くので

それが正解だよ、ちゃんと出来るね。凄いね。

と言って上げたくて。

でも思いとは裏腹に

竜子 (仮称) は、ほぼ毎回、時計回りに丸を書きます。

9 の数字をなぞるときには

ちゃんと丸を反時計回りにするのですが…。

なぞるモデルがなく、

白紙のところに 9 を書こうとすると

いつも丸が時計回り…。

止めずに書かせて見せると、

案の定、縦の棒は左右反対のところから伸びて真下へ…。

既に、反対の形で頭の中に定義されているのかもしれません。

是正すべく、9 をなぞらせた後にまた書かせてみても、

やっぱり駄目みたいで…。

というのを何度も繰り返すため

どうにも私も冷静に慣れず

感情的になってしまい、

竜子 (仮称) は余計に苦手意識を持ったり萎縮して

上手く書けないで居るという悪循環に陥ります。

竜太 (仮称) も竜子 (仮称) も本当によく頑張っています。

なので、もう少し、出来ているところを褒めて上げて

楽しく取り組めるようにしなくては…。

勉強を教えるってのは、本当に難しく辛いものですね。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て, 父も勉強