双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

3 歳児は仕方ないのかも

      2019/10/09

以前も少し触れたのですが

うちの子どもたち、

なかなか私や嫁さんのお願いを聞いてくれません。

約束してもお願いしても

その場はわかったと言ってくれますが

少し時間が立つと、

どこ吹く風。

記憶にございませんと言わんばかりに

真逆のことをやったり

また同じことをして怒られたり…。

特に顕著なのは竜子 (仮称) より竜太 (仮称) です。

本当に何度も、

ダメと言われることを

繰り返してしまいます…。

スポンサーリンク

興味どころが転々

例えば

お片付けして

だとか

ディスプレイに顔を近付けたらダメだよ

と何度も言っていますが

何度も違反しています。

その度に嫁さんから怒られていたり

もちろん私も怒ったり。

怒られると泣いて、

ごめんね

と誤って

約束守る、出来るよ

と言うのですが

繰り返してしまい、

この件が無限ループです。

顕著な事例としては

私が竜太 (仮称) に

ご飯かお出かけの時間だったので

散らかしたおもちゃを

片付けるように言いました。

片付けが必要なことは理解したので

片付け始めるのですが

おもちゃを入れようとした棚に

別のお気に入りのおもちゃがあることに気付き、

それを取り出しました。

で、そのおもちゃをじっと見て…。

この時点で、

どうやらお片付けというオーダーは

頭の何処かに消し飛んだ模様です。

そのおもちゃを使って遊び始めようとしたので

私が少し怒ると

思い出したかのような顔をして

申し訳無さもあったのか

目に涙を貯めてこちらを見ていました 笑

3 歳の典型、かも ?

何というか、

貧弱な記憶力に思えましたが

目に映り込むモノに興味が転々と移っているようにも

思えました。

この話、どこかで聞いたことがあるように思えましたが

確か、

テスラ・モーターズの社長、

イーロン・マスクを紹介する記事だったと思います。

常人には理解し難い発想力と才能で

革新的なことをビジネス化するところまでやってのける

イノベーターかつ起業家。

ただの just idea に留めず

黒字化出来ているかどうかはともかく (まだまだ成長分野なので)、

事業として発足させて、ビジネスとして動かすところまで

やってのけるところが凄いところです。

で、そんなイーロン・マスクを紹介する際に

3 歳児との比較がありました。

確か、服を着替えられない、みたいな表現です。

服を着替えようとしても

その過程で目に入ったり気になることに

興味が転々と移ってしまい、

そちらに注力してしまうのだとか。

多くの人が 3 歳のときに持っていた才能を

イーロン・マスクは今も持ち続けている、みたいな表現。

そう考えると、竜太 (仮称) は今、

貴重な才能があるが故、なのかもしれません。

大人に触れて、社会の中で生活するに連れて

将来的には失う可能性が高い、貴重な才能です。

無くなってしまうのかもしれませんが

竜太 (仮称) の才能や個性にも関わるところなので

なるべく、多目に見てあげたいように思えました。

今はその純粋な好奇心を

大切に育てて上げた方が良さそうですので

全部叶えてあげることは無理でも、

そうだね、気になっちゃったね

と共感することはしてあげたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て