双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

保育園の面談 (年少)

      2020/01/19

0 歳児のとき、入園式を経て

0 歳児クラスから始まり

気が付けば 3 歳児クラスが終わりつつあります。

この年次は年少さんと呼ばれる時期で、

同い年の子どもたちの中には

幼稚園に行く子も居ると思います。

幼稚園に通い始める子どもたちにとっては

ようやく 1 年目が終わったような感覚かもしれませんが

前述の通り、うちは 0 歳児から今に至るため

4 年目が終わりつつあります。

通わせている保育園では

毎年度、この時期に

保護者面談があり

子どもたちの保育園での様子を教えて頂けます。

例年通り、嫁さんと一緒に、話を聞きに行きました。

夫婦二人で参加する家庭は、おそらく珍しいと思われます。

スポンサーリンク

言葉より手が出てしまうらしい竜太

最近、我儘が増しているように見える竜太ですが

保育園での様子はというと

基本的に集団行動が出来ているみたいです。

ですが、自身の思いが強いらしく

使いたいと思ったおもちゃを

まだ使っているお友だちが居るのに

奪ってしまうとのこと…。

それでトラブルが生じると

言葉ではなかなか言えないらしく

叩いてしまったりしていると伺いました。

ちょっと意外でした。

1 歳とか 2 歳の頃、

竜子から噛まれたりして泣いていた竜太は

不思議と、仕返しに噛んだりはしないという

優しい側面を見せてくれていました。

今では叩いたりしてしまうようです。

自己主張が出来るようになったとも思えますが

そんなことをしていると

仲良くしてくれるお友だちが居なくなるので

ちゃんと言葉で貸してもらうようにお願いすることと

仮にお友だちがまだ使ってて貸してくれなかったときは

他のおもちゃで遊ぶように伝えていきたいと思います。

ただ、思いが強いので、諦めて他のおもちゃや遊びにシフトするのは

まだまだ難しいように思えます。

また、お友だちとの遊びで盛り上がって

悪ふざけとかし始めて

お友だちに乗ってしまうとか

うちの竜太の様子と同じことを言われました…。

竜太は楽しくなると、周りが見えなくなります。

これも止めるように伝えていかなければ…。

気難しい竜子

嫁さんと共に心配していた竜子ですが

案の定、といった感じでした。

皆でお散歩する時間だったり

集団行動する際、

竜子は嫌がってしないと言ったりしている模様。

仕方ないので先生が気を利かせて

少しだけ特別感を出すことで賛同しているようです。

例えば、お友だちと手を繋いでお散歩するところを

先生と手を繋いで行こうと誘ったり。

小さなことですが、少し特別待遇する話になると

納得してくれるようです…。

また、

ちょっと嫌なことがあると他のクラスに逃げ出して

そのクラスの先生に甘えたりして暫く帰って来なかったりとか。

お友だちと遊ぶときも

年中さんや年長さんのおねえさんのお絵描きを見て真似ようとしたり

どうにも、はみ出してしまっているようです…。

勿論、これが全てではなく

クラスのお友だちと仲良く遊んでいることも多々あるようですが

家の生活と同じく、気難しく面倒な感じに振舞っている模様。

大きくなって孤立したりいじめに合わないか

不安になるお話でした…。

まだまだこれから成長して変わるとも説明を受けましたが

竜太も竜子も

総じて不安に感じました。

大丈夫なのだろうか…。

にほんブログ村

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m 育児人気ブログランキングへ
育児 ブログランキング

Facebook ページ

 - 保育園, 子育て