双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

子どもたちが居ると光熱費が凄い

      2016/04/28

前回

子どもたちと暮らすようになってから

水道代が跳ね上がったことを記載しました。

何かと水を使います。

洗濯物、お風呂・シャワー、等々と

全てが新しい生活の中で増えています。

今回は光熱費について記載します。

スポンサーリンク

電気代 約 1.5 倍

もともと地味な生活だったので

電気代も他の家庭と比べると物凄く安かったです。

そんな生活であっても、

やはり冬は光熱費が高くなります。

流石に暖房使わないと凍えますからね。

で、

子どもたちと共に生活するようになってから、

部屋の温度は子どもに優しい 20-22 度あたりを保つため、

エアコンを常に使っている状態でした。

電気代は普段の何倍になるのだろう、と冷や冷やしていました。

が、結局、1.5 倍でした。

十分高額なのですが、

3 倍くらいを良そうしていたので少しホッとしました。

エアコンは温度の上がり下がり分を調整するために

電気を消費するため、

下手に on/off を繰り返して部屋の温度を上げ下げするより

常に電源を入れておいた方が良いと聞いていました。

それを考慮し、

エアコンの電源は on/off しなかったのが

良かったのかもしれません。

ガス代は約 2 倍

嫁さんと 2 人で暮らしていたとき、

ガス代は電気代以上に安く収まっていました。

都市ガスなので安く済んでいたという判断も出来ます。

結婚前に 1 人暮らししていた部屋はプロパンガスでしたので

毎月のガス代が都市ガスと比べて異常に高かったです。

2 倍、下手すると 3 倍高かったような…。

子どもたちとの生活においては 2 倍くらいになりました。

ただ、もともとが安かったので、

2 倍になってもそこまでのインパクトはありませんでした。

水道代、電気代のインパクトが大きすぎたからかもしれませんが…。

暖冬を考慮

電気、ガス共々、使用料は結構な金額になりました。

ただ、今年は暖冬と言われています。

もし例年並みの低温の場合、

もっと凄い使用料かもしれません。

夏の電気代や、例年並みの冬だとどうなるのか、

怖くて眠れません。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て