双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

意外なビデオカメラに行き着いた

      2017/08/17

前回、ズーム時の手振れ補正を考慮すると

iphone ではなくビデオカメラの方が良さそう

と記載していました。

保育園の運動会や発表会で活躍する

子どもたちの勇姿を動画に収める際、

どうしてもズームしたくなりますからね。

と言うわけで、

手振れ補正を中心に

デジタルビデオカメラを探してみました。

しかも初心者向けのエントリモデルで 笑

スポンサーリンク

ソニーの “空間光学手ブレ補正” は化け物か !?

簡単に調べてみたのですが、

各社、頑張って手振れ補正機能を備えていますが、

その中でもソニーの “空間光学手ブレ補正” とやらは

逸脱しているようです。

映画とか番組撮影に使っているデカいカメラは

ブレを補正する機能がガッツリついていて

もちろんプロ仕様でお高いです。

家庭利用であんなの担ぐ人も居ませんが 笑

それと同じ感じの原理を実現したのが

ソニーの “空間光学手ブレ補正” で、

もちろんソニーが特許を取っているようです。

手振れ補正を優先すると記載していましたので

この時点で、ソニーのデジカメに決定出来そうです。

4K まではいらないため、HDR-CX680 が候補になりそうです。

で、

念のためソニーの “空間光学手ブレ補正 なしのモデルで

ブレブレ度合を確認しようとして店頭のモノを使おうとしたら

表示がおかしく、試せませんでした。

定員さんを呼ぶと、どうやら壊れている模様…。

で、その流れで話を聞くと、意外な機種が候補に急上昇しました。

パナの手振れ補正も割と貢献

その定員さん曰く、

望遠での撮影が必要になるのは

小学校からとのこと。

グラウンドがかなり大きくなり

撮影したい親御さんの数も増えて

三脚の陣取りも半端ないそうです 笑

なので、望遠でズームして取ることになるそうです。

逆に保育園のイベント毎程度であれば

まだ光学手振れ補正機能でも何とかなるとのこと。

もちろん、手振れ補正の性能は

ソニーの “空間光学手ブレ補正 の方が高性能なので

手堅くいくなら HDR-CX680 とのこと。

ただ、タイミング的に

パナソニックの HC-W580M が型落ちしていて

かなり安くなっているとのことでした。

そしてこのカメラ、サブカメラがついていて

メインカメラと同時に撮ったりして遊べるようです。

そうなると iphone には無い機能ですので

エントリモデルかつ

まだ 2 歳に満たない子どもたちを撮ることを考えると

これでコスパも良く十分に思えました。

そして光学手振れ補正も、

ソニーの “空間光学手ブレ補正” が無いモデルと比べると

結構頑張っているとのことです。

と言うわけで、急きょ

パナの HC-W580M を購入することに決めました。

後日、また使用感とかのレポートを記載したいと思います。

にほんブログ村

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m 育児人気ブログランキングへ
育児 ブログランキング

Facebook ページ

 - オススメ, 保育園, 子育て