双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

お友だちへの配慮をわかって欲しい

      2020/02/22

このブログでは何度か記載していますが

うちの子どもたち、

KUMON 教室に通っています。

KUMON の宿題には毎日取り組んでいますが

家での宿題とは別に

KUMON の教室に赴いて、プリント課題に取り組みます。

通っている KUMON 教室は

水曜日と土曜日が営業日です。

土曜日は休みなので良いのですが

水曜日は普通に仕事しています。

なので、仕事を早めに切り上げて

保育園は早お迎えになる形にしています。

早お迎えとなると、普段と異なり

子どもたちも普段と異なるワガママがあるのですが

先日、かなり気にかかったことが起こっていました。

スポンサーリンク

お友だちがバイバイしてくれる

普段は延長保育なので

うちの子どもたちは他のお友だちが先に帰るのを見届けて

遅めの私のお迎えを待つ感じです。

なので、子どもたちがお友だちを見送る形です。

一方、早お迎えとなると逆になります。

普段、置いていかれてバイバイして見送っているお友だちが

逆に子どもたちを見送ってくれてバイバイする形。

子どもたちもこれが楽しいらしく、嬉しいようです。

特に竜太。

通っている保育園の外を出ると

ちょっとした坂になっていて、

その坂を登って最寄り駅まで歩いています。

そのちょっとした坂は

保育園のクラスの皆が居る階層からよく見えるので

うちの子どもたちを早お迎えすると

保育園のお友だちや先生は

わざわざ外に向かって手を振ったり

大きな声でバイバイを言ってくれています。

お友だちや先生への配慮不足

で、先日、

竜太がお友だちや先生に

いつも通り外に向かってバイバイして欲しいと伝えていました。

それをお願いしてしまうと

お友だちや先生は、

竜太や竜子や私が保育園を出て、

その坂道を歩くところに現れるまで

外を意識して見張る必要があります。

つまり、待たせてしまうのです。

それにも関わらず、竜太は帰り支度をグズグズしたりして

待たせていることの罪悪感なんてお構い無し、でした。

また、お友だちも別の遊びをしているなか、

それを中断してバイバイしてくれているという事実も

あまりピンと来ていない模様。

竜子もお友だちがバイバイしてくれているところに

消極的にバイバイを返したりしていて

私が竜子を持ち上げてお友だちから見えやすくしてあげると

何か癪に障ったらしく、素直に抱っこされず、

スネた表情でお友だちに向かってバイバイもしません。

わざわざ、お友だちや先生は

竜太や竜子のために時間を使ってバイバイしてくれているのに。

この配慮の無さや無神経なところ・マイペースなところが

私にとって非常に気になってしまい

子どもたちを叱ってしまいました。

強く言ってしまったことは反省していますが

他者への配慮は、早くわきまえて欲しいところです。

そうでないと、集団で孤立してしまいます。

孤立して孤独に孤高に生きる方法もありますが

今の年齢から狙うものでもありませんし

普通にお友だちと遊ぶのが楽しいようですので

本人たちの望むモノでもありません。

ただ、自分のワガママや機嫌を優先して

他者への配慮が出来なくなっているだけです。

子どもなので、ある程度は理解し許容しますが

それを繰り返していると、他者から嫌われるということを

しっかり理解して欲しいものです…。

にほんブログ村

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m 育児人気ブログランキングへ
育児 ブログランキング

Facebook ページ

 - 保育園, 子育て