双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

嫁さんの実家でくつろぐ

      2016/08/24

結婚する前とかに

職場の先輩とかからよく聞く話がありました。

例えばお盆休みやお正月休みといった比較的長めの休みには

自分の実家や配偶者の実家に行ってご両親と過ごすことになると。

その場合、自分の実家であれば自分の親なので特に何も気にしないけど、

配偶者の実家の場合、配偶者の親御さん達への配慮があるため

気苦労すると聞いていました。

確かに、自身の親ではなく配偶者の親となると

共通話題もあまり無く、

お互いに気を配り合い疲れてしまいそうです。

きっとそうなんだろうなと思っていましたが、

私の場合は全然平気でした 笑

スポンサーリンク

お互いに細かいことを気にしない

私は面倒くさがりなので、

親族に向けて過剰な気配りをしないようにしています。

他人でもあるまいし。

お互い、楽にすれば良いと思っています。

ところが、私のそのスタンスは、

嫁さんに言わせると非常識レベルらしいです 笑

でも幸運なことに、

嫁さんの親御さんもそんな私の態度を見て

目くじらを立てるようなことは無く、

いつも良くして頂いています。

そこまで私に気を使わなくても良いのにと思うこともあり、

申し訳無く思うこともあるレベルです。

それでも、過剰なおせっかいがあるわけではなく、

本当に楽にさせてもらっています。

子どもたちのお世話

子どもたちが出来ると、

共通の話題として子どもたちのことが出てきます。

それに、普段、子どもたちに会えない分、

私や嫁さんの代わりに面倒を見てくれます。

その隙に、私と嫁さんは十分にリラックスさせて貰っています。

最近、滞っていた家計簿の精算もすることが出来ました。

子どもを持つ親の立場になったのだけど、

孫を持つ祖父母の立場になるとどのように見えるのでしょうか。

それがわかるのはまだまだ先の将来なのですが、

今、お世話に苦労をしている子どもたちの子どもとなると、

可愛くて仕方なさそうです。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て