双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

七五三の、三

      2019/10/17

以前、このブログでも触れていましたが

子どもたち、七五三を迎える年齢になっていました。

前回の投稿は準備の話で

着物を着て写真屋での撮影を

七五三の当日にやるのではなく

数ヶ月前倒して実施していました。

理想は春先とかの、

日焼けする前が良いようですが

まぁ時既に遅し、でした。

いつも通りスタジオアリスで撮影しましたが

撮影出来た写真、

本人たちも大満足です。

で、それは準備の話でしたが

先日、神社で七五三を祝って頂きました。

要は、本番です。

スポンサーリンク

フォーマル意識したドレスアップ

写真撮影のときは

着物をスタジオアリスでレンタル出来ますので

大きな準備とかは要らなかったのですが

神社で七五三をする際の服装は

嫁さんが頑張って準備していました。

着物を着せることまではしませんでしたが

竜子 (仮称) には黒のドレスとそれ用の靴、

竜太 (仮称) には子ども向けのネクタイ。

竜太 (仮称) に履かせるズボンが悩ましかったのですが

結局、キレイ目のジーンズを履かせました。

ワイシャツにネクタイで既にフォーマル感出ていて

そこに予定していた黒の無地のズボンを履かせたのですが

どうにも、形がイマイチだったようで、

パジャマみたいな感じに…。

竜子 (仮称) 用にヤフオクでかなり安く買った、

ミキハウスのジーンズがあって

そのジーンズは子ども向けながらも形が良く、

それを竜太 (仮称) に履かせてみると、

ぐっとオシャレで小綺麗になった感じ。

で、私も竜太 (仮称) の服装に合わせて

ワイシャツとネクタイと、キレイ目のジーンズで挑みました。

まぁ、どんな格好で神社に行っても

誰かにダメ出しされたり断られるものではないので

神様への感謝の気持ちがあれば、

どんな服装でも問題ないと思いますが

それでも最低限の服装に整えて挑みました。

神妙な雰囲気に怖がる子どもたち

で、事前に神社には予約の電話を入れていたので

時間通りに赴くと

前の組 (家族) が七五三のお祝いをされているところでした。

それが終わるのを待合室で待っていたのですが

神社の雰囲気と

時折聞こえる太鼓の音で

子どもたちは怖がっていました 笑

まぁ予想通り、竜子 (仮称) の怖がりは酷いものでした。

で、前の組が終わり、

ようやく自分たちの番になりました。

最中は特に大きな支障はありませんでしたが

子どもたちが呼ばれて前に出るタイミングとかになると

マイペースな竜太 (仮称) は

何かを喋り出しそうになったりして

相変わらずな感じでした 笑

それでも、雰囲気を察することが出来るようになったみたいで

皆で座っているときには静かにしていましたし

喋ろうとして止められると

嫌がることなく、大人しくしてくれました。

大きくなってお兄ちゃんになったものです。

で、最後に神社からお守りとか千歳飴とか

その他子ども向けの塗り絵セット

みたいなものとかが入った袋を渡され

子どもたちは大喜び。

取り敢えず、やるべきことは終わったので良かったです。

ちなみに、今回の神社へのお礼は

事前に基準を神社から教えてもらえていましたので

それに従い、2 人 + 家族での参加で 1 万円でした。

まぁ節目なので渋るところではありませんが

そこそこの価格ですよね。

冠婚葬祭、相変わらず、厄介です。

まぁ、ここまで成長してくれたことを

神様に感謝する貴重で有り難い機会と思っています。

次は 5 歳、その次は 7 歳、です。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て, 父も勉強