双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

レジ袋規制って意味ある ?

      2020/04/25

毎日、コロナ、コロナ、ですね。

外出自粛のため

可能な限り外に出ないようにしています。

その意味においては

あまり細かく食料調達をせず

数日に 1 回、やもすると週 1 といったペースです。

で、最近、マイクロプラスチックの問題もアリ

プラごみとして扱われてしまう

レジ袋が有料化されています。

そんな流れになる前から

エコバックは常に鞄に忍ばせていたので

そんなに困ることは無いのですが

レジ袋規制およびエコバッグ利用が

果たして環境問題の解決に向かっているのか

甚だ怪しく感じてきました。

スポンサーリンク

あまり耐久性が無いエコバッグ

使用するエコバッグと使い方次第と思いますが

割と一般的と私が勝手ながら思っているエコバッグは

ナイロン製のやつです。

ペラペラですが、

折り畳むことで鞄の中に忍ばせても邪魔にならなく

広げると意外と容積も大きく沢山モノが入ります。

まぁ使い勝手は良いのですが

割とすぐ、ボロボロになります…。

取っ手部分や生地を縫い合わせている部分が

どんどん ほつれて くる感じ。

作りがしっかりしたエコバッグでも

何度か利用して洗濯していると

やはりそのうち、ほつれてきます。

とは言え、レジ袋は 1 回使ったら終わりだけど

エコバッグは複数回使えるから環境に良い

という考えが一般的と思います。

がしかし、エコバッグも生産過程があり

1 つ作るために生じる環境への負荷があります。

これを回収するためには

布バッグで約 840 回、

オーガニックコットンの袋で約 2,400 回、

繰り返しの利用が必要なようです…。

例えば布バッグの場合、ほぼ毎日使っても 2-3 年です。

数日に 1 回だとかの頻度でも 2-3 年経つ前に

前述のように ほつれて 使えなくなると思いますので

実は全然、エコバッグはエコじゃないのです。

レジ袋は効率的

前述の通りエコバッグは

かなり多くの回数を利用しないと

環境への負荷を回収出来ません。

なので、もちろん、1 回使うだけでエコバッグを捨てると

環境への負荷は絶大です。

一方、レジ袋はどうか。

レジ袋生産の 1 枚あたりの環境への負荷は

エコバッグと比べて極小です。

しかも、レジ袋はゴミ袋としても使えます。

1 回買い物で使ってその後ゴミ袋として使って捨てても

環境への負荷は全然大きくありませんし効率的です。

では、マイクロプラスチックの問題についてはどうか。

エコバッグ使って生活したとしても、

ビニール製のゴミ袋を買って使いますよね。

一方、ゴミ袋としてレジ袋を使うと

ビニール製のゴミ袋を買う代わりになります。

どちらにおいても、

何かしらビニール製のゴミ袋を使うことには同じなので

両案の環境の負荷は同じと思います。

という訳で、エコバッグの施策は全然理にかなっていないのです。

むしろ、マイクロプラスチックの問題の原因は

もっと他にあるように思えてきています。

それはまた後日、触れたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 父も勉強