双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

保育士さんたちも去っていく

      2019/03/30

ちょうど 1 年前くらいも

もしかしたら記載したかもしれませんが

この時期は人の異動時期ですので

色々な別れがあります。

まぁその分、次に出会いもあるのですが

とは言え、やはり別れは寂しいですね。

先日

子どもたちが通う子どもたちの年長さんたちが

卒園して小学校に行くので

もうすぐ会えなくなると記載していました。

それは子どもたちだけでなく、

保育士さんたちも離職・退職・異動に伴い

4 月から会えなくなる方々がいます。

何とも寂しい限りです。

スポンサーリンク

子どもたちのゼロ歳を知る先生が少なく

まぁ私もこの 3 末で異動となり

4/1 からはグループ子会社に出向して仕事します。

業務自体はそう変わらないようですが

周辺の仲間とかはもちろん、変わってしまいます。

それはともかく、

今の部署は子どもたちの保育園生活が始まったタイミングで

私が着任して、

子どもたちと同じく、私も新たな生活をスタートさせていました。

慣れない仕事と並行して

慣れない保育園への送り迎え。

そんな私が接点を多く持つのは

当時の子どもたちのクラス (ゼロ歳児) の担任の先生たちです。

毎年、少しずつ退職されてしまい

気が付いたら、今回の異動により

子どもたちがゼロ歳児だったときをお世話してくれた先生が

残り 1 人になってしまいました…。

環境は移り変わるモノ

ゼロ歳児からずっと同じ保育園に通っていますが

前述のように先生たちは変わっていきます。

なので、ハードウェアは思い出の保育園ではありますが

中身であるソフトウェア (人) は変わっているのです。

同じようで、同じではなく

変わり続けている訳です。

でもこれは、何も今に始まったことでもなく

ある程度、万物のモノに当てはまるように思えます。

昔ながら、と勝手ながら思っていても

実は変化を続けていて

その変化があるが故に

継続的に存在しているのかもしれません。

変わらないものは、廃れて消滅します。

その変化に対応できるかどうか。

それが大切な気がしています。

にほんブログ村

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m 育児人気ブログランキングへ
育児 ブログランキング

Facebook ページ

 - 保育園, 子育て