双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

争いの根源を絶ってみる (保育園の送り迎え)

   

以前も記載した気がしますが

最近、また顕著なので再度記載します。

普段、子どもたちの送り迎えを私が頑張ってやっていますが

お迎えのときに嫁さんも最近は来るようになっています。

私が先に到着して

荷物やら何やら親御さんがやる作業をしていると

子どもたちはやっとお迎えに来た私に会えて嬉しいらしく

ニコニコして抱っこ抱っこと甘えてくれます。

がしかし。

そこに嫁さんが現れた途端、状況は一変します。

二人とも嫁さん大好きなので

そちらに興味と注意が集中します。

そして嫁さんの抱っこを 2 人とも求めますので

2 人とも暴れて奪い合いますし

嫁さんに抱っこされなかった側は

泣きわめいて錯乱します…。

そして私への関心は無くなっていて

さっきのあの甘えっぷりはどこへやら

といった感じです。

スポンサーリンク

居ないと平和解決

では嫁さんが現れないとどうなるか、です。

子どもたちの気分や状況次第なので何とも断言出来ませんが

傾向として、私に甘えた後は大きく機嫌を損ねることなく

そのまま平和に保育園を出て帰路に着くケースが多いです。

片方 (最近は竜太 (仮称) ) が抱っこを主張し

そちらを抱っこしてあげて

もう片方 (最近は竜子 (仮称) ) と手を繋いで歩きつつ

抱っこしてほしくなったら頑張って担ぎ上げて

2 人とも抱っこしている状態にして帰っています。

小さないざこざであったりかんしゃくは起こすことがありますが

前述のような嫁さん抱っこを get 出来ずに泣き叫んで錯乱するほどではありません。

人間の心理か ?

子どものエピソードではありますが

これはなかなか人間の心理に思えています。

全員が無ければ大きな不満もなく

妬みも無く平和で仲良く出来るのに

有限で希少な富があると

争いが生まれて奪い合いが始まります。

個人の話のみならず、

組織間でも生じるように思えています。

大きい話で言うと、国と国の間柄です。

島なり領土の所有権を主張し合って争ったり…。

競争の中で各自が成長・レベルアップし

より良いパフォーマンスになるため

競争の原理は素晴らしい

とも思えていますが

求めていたモノを手に入れて欲を満たし幸せになるはずが

その過程で争い合い疲弊することが本当に幸せなのか。

だからといって競争原理の資本主義を否定して

社会主義が素晴らしいとも思えませんので

バランスの問題なのでしょうね。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 保育園, 子育て