双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

ご飯を食べる子どもたちを眺めながら

      2019/03/15

2019 年、

今年は昨年までの生活と決定的に異なる点があります。

それは、以前も記載していましたように

子どもたちと食事を一緒にし始めたことです。

休日は家族一緒に過ごしていますが

1 週間、つまり 7 日中 5 日は平日です。

平日のほうが割合が圧倒的に多いのです。

で、その平日の日中は

嫁さんや私は仕事のため各職場に居ます。

子どもたちは保育園で過ごしています。

つまり、家族はバラバラ。

でも、朝食と夕食を一緒に食べて居ます。

その時間が、一緒に過ごせるタイミングなのです。

なので、毎日、子どもたちとの食事を楽しみにしていますが

子どもたちは私の隣よりも

嫁さんの隣が良いといって喧嘩したり嫌がったりで

楽しみだった食事もゲンナリしてストレスになることも多々あります。

まぁそれでも

やはり食事という場は家族の絆を感じる

という結論が変わることはなさそうです。

で、そんな食事風景ですが

子どもたちは食べ終えた後、デザートを食べます。

私と嫁さんは食べないので先に食事が終わってしまうのですが

デザートを食べる子どもたちを

先日、何となくぼんやり眺めながら

子どもたちのことを考えていました。

スポンサーリンク

黙々と食べる竜太 (仮称)

たまたま私が居た位置からは

竜子 (仮称) が遠くて見えなくて

竜太 (仮称) が見えていたので

ぼんやり竜太 (仮称) を眺めていました。

その日のデザートは

カットした果物を入れたヨーグルト。

ヨーグルトは私か嫁さんが

ヨーグルティアを用いて

豆乳 + R1 で作ったモノです。

竜太 (仮称) はスプーンで沢山すくって

限界まで大きく口を開けて

ガブっと口の中に入れて。

その後、モグモグと一生懸命口を動かして。

しばらくするとどうやらもう飲み込んだらしく

またスプーンですくって。

といったことを繰り返し、黙々としていました。

竜太 (仮称) の視線はデザートに向いているというより

どこか、少し遠目のところで

テーブルについている位置から見える何かを

ぼんやりと見ていたように思われます。

子どもたちは幸せなのかな

うちの子どもたち

基本的には食べる量が多いです。

竜太 (仮称) はおかわりが止まりませんし。

でも食べ過ぎは体に良く無いので

なるべくおかわりしないように嫁さんも私も話しています。

また、竜太 (仮称) は以前、

あまりモノを噛まずにすぐ飲み込む感じだったので

ちゃんと噛むように何度も何度も言い続けていました。

それもあってか、今では、

前述のようにしっかり口を動かしてモグモグしています。

ただ、おかわりは今でも

多くなりすぎないように嫁さんも私も規制するようにしています。

食べるのが大好きな子どもたち。

沢山噛めだとか、

おかわりは駄目だとか

色々と私たちから言われていますが

子どもたちは

今の生活を楽しく送れているのか否か。

あれも駄目、これも駄目と言われていて

窮屈な思いをしていないのでしょうか。

無言で黙々と

モグモグパクパクとデザートを食べず続ける

竜太 (仮称) を見ていて

そんなことを考えました。

何も煩いことを言わず

食べたいだけ食べたいように食べさせた方が

本当は良かったのではないだろうか

とも思いながら。

でもそうすると、

今以上に自由気ままな性格になってそうですし

何よりも将来、子どもたち自身が困りそうですので

好きにさせるという勇気ある判断には

踏み切れていない状態です。

どうして上げたら子どもたちは幸せになれるのか

そんなことをぼーっと考えた一時でした。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て