双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

令和スタート、平成生まれの子どもたち

      2019/05/01

一応、時事ネタということで

新元号について触れたいと思います。

2019/5/1、新元号がスタートです。

他の候補とかは公表しない

と政府はメディアを通じて報じていた気がしますが

ニュースとかで他の候補が伝えられていました。

その候補はこんな感じ。

・英弘
・広至
・万和
・万保

こうしてみると、令和で良かったように思えます 笑

R だとかラ行で始まる音や単語ってのは

何だかちょっと新しい感じが漠然としています。

まぁこの感覚も暫くすると古びて来そうですが

R やラ行で始まる子どもの名前を聞くと

ちょっと新鮮に思えますね。

で、子どもと言えば

うちの子どもたち。

残念ながら、既に旧時代の生まれとなりました 笑

スポンサーリンク

割と穏便では無かった平成時代

振り返ってみると

平成時代ってのは

名前のイメージ程、穏便ではなく

結構、ドタバタしていたように思えます。

まぁもちろん、

この国が戦争に関わっていた昭和と比べると

まだ平和だったのかもしれませんが

それでも、

大規模な自然災害、大規模な金融危機、悲惨なテロ活動、

緊張する地政学リスク、などなど

を並べてみて、

国際化がどんどん進んでいるこの国の関わり合いを考えると

前述の通り、まぁドタバタしていたように思えます。

生まれた元号よりもその次

前述したように

うちの子どもたち、

残念ながら旧元号である平成生まれで

これから生まれる子どもたちは令和生まれです。

うちの子どもたちは平成の中での生活よりも

令和時代での生活の方が圧倒的に長くなります。

でも自分自身でも同じようなことが言えます。

幼少の頃、昭和時代でしたが

小渕さんが “平成” の元号を発表する様子を

テレビのニュースとかで見ていた記憶があり

そこから平成時代がスタートしました。

2019/4/30 まで平成時代を経験しましたが

これは昭和時代の経験よりも私の人生では長いのです。

で、平和元年を迎えるタイミングで既に物心も付いており

社会人になって暫くして

平成元年生まれの社会人が現れ始めたころは

随分と時代や年月の移り変わりの速さに驚いた感覚を持ちました。

また気を抜いていたら

令和生まれの社会人が誕生してきて

いよいよその頃には人生もかなりの後半戦に入っていそうで

また色々と思うところがありそうです。

その際、良い思い出を沢山思い出せるように

今から家族との生活を大事にしていきたいと思います。

さて。令和。

どんな時代になるのでしょうか。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て