双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

Amazon FreeTime のペアリング制御

      2019/07/23

前回、Prime day で購入した

Fire キッズモデルの 1 年間無料サブスクリプションを

複数台のタブレット・複数プロフィールで

利用することについて記載していました。

子どもの数だけ契約と端末台数が必要かというと

そんなことが無いことがこの都度わかりました。

複数居る子どもに使わせる案は、

大きく以下の 2 案と思います

1. タブレット 1 台に各子どものプロフィールを登録し、1 契約で利用
2. 子ども毎にタブレットを用意 (各子どものプロフィール登録)、1 契約で利用

うちは後者の 2 のスタイルにしました。

契約は Fire キッズモデルの 1 年間無料サブスクリプションです。

これで子ども 2 人分使えるのが有り難いです。

で、タブレットを子どもたちに触らせるため

気になる点が生じます。

ペアリング制御です。

スポンサーリンク

ペアリング制御の内容は端末毎に設定

Amazon FreeTime、

子どもごとにプロフィールを作り

自分のプロフィールを選択して利用するといった感じになります。

少し不便に感じた内容としては

この制御登録、

プロフィールに入力した情報が

自動で利用するタブレットに反映される訳ではなく

タブレット毎に制御内容の登録が必要です。

例えば

うちは以前購入していた Fire 10 タブレットがあります。

これとキッズモデルタブレットの両方に竜太 (仮称) の

プロフィールを登録し、

彼がどちらの端末でも遊べるようにしています。

ペアリングコントロールは端末ごとに設定が必要なため

2 台とも、同じ内容を手動で投入する必要があります。

Amazon アカウントに紐付くプロフィールとして管理出来ているなら

自動で NW に吸い上げて、他の端末にも反映してほしいものですが…。

利用可能時間も端末ごとに設定

そして一番、課題に思えた点が

やはり複数台利用のケースの悩みどころです。

Fire10 タブレットとキッズモデルのタブレットに

それぞれ、竜子 (仮称) のプロフィールを登録したとします。

Amazon アカウントは私のモノですので

両タブレットには私のアカウントが登録されていますが

そこにぶら下がる子どもたちのプロフィールは

前述の通り、端末ごとに必要です。

で、ペアリングコントロールの中で

私は重要に思っている機能があります。

それは使用可能時間。

例えば平日は 1h、休日は 2h 遊べるようにする

といった設定です。

あと、寝る時間を考慮して

6:00-21:00 まで利用可能、といった設定も可能です。

子どもたちが寝る間を惜しんでタブレットに触れたり

他の遊びをしなくなる恐れを回避出来ます。

ただ、この機能、

やはりこれも、

端末毎に設定が必要なようですし

端末毎に利用可能時間を保持することになります。

つまり、1 日 1h だけ使えるようにするという設定を

自分のプロフィールが登録されている 2 台の端末に設定すると

片方が 1h 使用時間を満了しても

もう 1 台の方で、更に 1h 使えることになります。

合計で 2h 遊べてしまう訳です。。

この仕組や事実に子どもたちが気づくと

どうなるかと言うと

恐らく、毎日 1h x 2 台分、

きっちり使ってくると思われます…。

意図しない制御結果になりますので

マルチデバイス利用を想定しているのであれば

ペアリングコントロールの設定値は

重々、気をつけて行いましょう。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - オススメ, 子育て