双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

30 歳前後にオススメ、市場価値の把握

      2019/11/26

先日、このブログで触れていたように

転職支援サイトに登録し

何人か、エージェントの話を伺っています。

どのエージェントも

口を揃えて

職務経歴書と履歴書を作って提出しろ

と言って来ます。

面倒臭い作業なのですが

取り敢えずドラフトを作って提出すると

ご丁寧に、アピールすべき情報や観点を追記しつつ

文量が多くなるため要約しろ

といったアドバイスを貰えました。

休日を使って一生懸命、取り組みましたが

この作業、

30 代前後の方々には取り組むことをオススメします。

スポンサーリンク

社内評価の限界の解決方法

なぜ、取り組んだ方が良いかというと

自身の社会人としての振る舞い・成果を棚卸しに出来ます。

実際に転職するかどうかは別にしても

社外の人に向けて

自身の仕事や勤め先に対する貢献度であったり

成果などをアピールして

自身の市場価値を認めてもらう試みです。

で、転職支援サイトに登録すると

その内容をもとに

エージェントが

話を持ち替えてくれたり、求人例を教えてくれます。

自身の成果等の棚卸して見えるようになった情報を

エージェントは参照しての振る舞いですので

エージェントが経験値から、

その内容の人材の市場価値を測っているのです。

社内では給料や昇進昇格等の観点で

成果を測る営みが定期的に生じると思いますが

社外の評価結果を 30 代前後から知っておくべきと思います。

時業務への取り組み方の参考

社外の評価を知ることは

何が良いかというと

市場価値、の観点において

どのような点に注力して仕事に取り組めば良いか

意識しやすくなるのです。

例えば職務経歴書に書くべき事項として

細かい仕事の内容というより

結局、

自身はどれだけ会社や社会に貢献したのか

といった結果に焦点があたります。

例えば自身の取り組みで、

xxxx 万円利益が増えただとか

yyyy 万円のコスト減になった

といった内容が一番わかりやすいです。

自身の人件費を簡単に取り戻せる程の成果があれば

その人材は、起業にとって、“買い” な訳です。

社外からの評価を高めようとして振る舞えば

自ずと、自身の取り組む先が

わかりやすい成果に関係するものになってくると思います。

その結果、社内外共々、アピールする成果は

かなりわかりやすく、好印象なものになると思います。

ということは、

社内でも評価されやすいですし

仮に社内の評価がイマイチであったり別の理由で

いざ転職をしようと思ったときにも

社外から評価される成果が沢山の人材であれば

転職で困ることも無いと思います。

流石に入社して 3 年前後では

まだ成果として記載できるものは少ないので

30 歳前後くらいになるタイミングで

過去の取り組みの棚卸しや、

成果のアピールであったり、

今後の現職 or 転職先の仕事への取り組み方の参考として

転職支援サイトへの登録と

職務経歴書の作成をオススメします。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 父も勉強