双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

転職活動 一次面接 (2019 D 社)

      2020/01/17

先日、転職支援サイトに登録して

2019 年度、転職活動を本格的に着手している

とこのブログで取り上げていました。

2019 年末から 2020 年始にかけて

書類選考で通過となった数社に対して

一次面接に挑み始めていました。

先日、

一次面接としては 4 社目となる 2019 D 社の

一次面接を受けて来ました。

各企業、面接の形式も異なるのですが

ここまで雰囲気が変わっていたのは始めてです。

スポンサーリンク

面接らしくない面接

今回の面接官は 1 人でした。

事前にエージェントから伺っていた話とも一致しており

そこに違和感は無かったのですが

この面接官の方、

面接だと言うのに

私に対して質問することが殆どありませんでした。

それよりも、私からの質問に答えるというスタンスで

私が今、挑戦しようとしている業界がどのようなモノで

2019 D 社含み、競合のポジショニングや業務範囲を

わかりやすく解説して頂けて

採用面接というより、

業務紹介・企業紹介のような場になっていました。

更に、2019 D 社の人材育成の指針や

その方のチーム作りの思想・哲学のようなモノを語って頂きました。

アイスブレイクなのかと思い

いつ、面接としての質問が始まるのか

ドキドキしていたのですが

最後までこのスタイルが取られて

その時間の間、

私が勉強になるようなことが多々あり

こんな感じで本当に良いのだろうか

と不安になる程でした。

カッコイイ ビジネスパーソン

色々な企業の採用案内のページに

社員紹介があったりします。

その中で、

面接官の人柄に惚れ込み入社を決めた

みたいなことを記載している人がいました。

私の面接経験で、

面接官の人柄を垣間見るような

そんな経験は無かったので

その記載の信憑性を疑問に思っていましたが

今回の経験で、こういうことなのかと

認識を改めることとなりました。

2019 D 社の面接官の方は

何というか、本当にカッコイイと感じました。

この人のもとで努力して仕事をしていると

きっと大きく成長できだろうな、と素直に思えました。

その方の説明は

多くの部分が共感出来るもので

私が普段思っていることを代弁してくれているような

そんな風に思える程でした。

果たしてこの感じが

面接の取り組みとして良かったのかどうか

全く定かではありませんが

取り敢えず、今は結果報告待ちです。

面接で感じるようなところは

氷山の一角でしか無いとは思いますが

もしご縁があれば、

こんなところで働きたいなと思える企業でした。

それと同時に

今の仕事をしている自分が

何だかちっぽけで、少し惨めにも思えました。

面接後の帰路は、

清々しい思いもあり、少し虚無感も残りました…。

取り敢えず、結果待ち、です。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 父も勉強