双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

子どものお世話に苦戦 (ミルクを冷ます)

      2016/03/02

前回

粉ミルクを作るための準備を記載しました。

残念ながら父親からは母乳出ません。

“母” じゃないですからね。

尾木ママだとしても無理だと思います。

いや意外にいけるかも、と錯覚しそうですが、

恐らく生物学上、無理です。

でもなぜかいけそうにも思えます 笑

スポンサーリンク

ミルクは人肌に

熱々の飲み物を飲むのは大人でも難しいです。

日本人はアツアツのラーメンやお蕎麦を

“すする” ことが出来るので、

西洋人よりも得意かもしれませんが、

さすがに赤ちゃんには無理です。

という訳で、

“すする” 必要が無い温度、

つまり人肌にミルクを冷まします。

蓋 (シリコン乳首とキャップ) をした哺乳瓶の外側に

流水をかける感じです。

瓶の温度と中身の温度は一致しないので、

判断が難しいです。

経験則だと思いますが、

ミルクを腕 (肘から手首あたり) の内側に垂らして最終確認です。

熱かったり冷たく感じると人肌じゃない温度です。

ミルクを垂らすときに、

衛生上、シリコン乳首が腕に触れないよう注意です。

また、急激に冷ましているので、

瓶の中の圧力と外側の圧力差が生まれており、

シリコン乳首から勢い良くミルクが出てしまう場合があります。

そのときはシリコン乳首の空気穴辺りを押して、

外と中の空気を循環させてみて下さい。

使っている粉ミルク

各社、粉ミルクを取り扱っています。

良し悪しはさっぱりわかりません。

生まれる前に調べておけば良かったのですが、

調べられていませんでした。

そこで、うちの場合は

病院で使っていると嫁さんが聞いていた

2 つの粉ミルクが候補です。

  • ほほえみ
  • はいはい

紹介用にアマゾンを張っておきますが、

マツキヨオンラインとかの方が安い可能性があります。

よく調べてみて下さい。

“はいはい” の方が “ほほえみ” よりもコスパ良いです。

ただ、”ほほえみ” の方がもしかすると美味しいのかもしれません。

“ほほえみ” にはバターミルクというものが成分に含まれていました。

それが原因かどうかは不明ですが、

アマゾンの商品レビューで、”ほほえみ” から “はいはい” に切り替えたら

赤ちゃんがあまり飲まなくなったという報告もあります。

最初から “はいはい” なら大丈夫なのかもしれませんが、

詳細は不明です。

次回はミルクを与える話を記載します。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て