双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

毎月何時間まで残業出来るか

      2020/02/03

このブログでは何度か記載していますが

子どもたちが大きくなるにつれて

以前と比べると、少しだけ、

余裕が出て来ているように感じます。

今年度から年少さんになっていて

もうすぐ今年度も終わり、年中さんになりつつあります。

そうこうしているうちに年長さんになって卒園すると

小学校です。

小 1 の壁が立ち塞がる可能性大ですが

それを乗り切るころには

私も結構な年になり

仕事におけるキャリアだとか経験は

かなり限定的になっていそうです。

という訳で、転職支援サイトに登録して

細々と転職活動に着手していますが

転職出来たと仮定して

残業をどこまで出来そうなのかが課題になりそうです。

子どもたちが生まれて今に至るまで

残業 0 で何とか働いていましたが

それは長年勤めていた現職の仕事だからこそ出来る訳で

ちょっと異業種となる転職先候補での仕事となると

効率化もすぐには出来ないと思います。

という訳で、残業出来そうな時間を考えてみました。

スポンサーリンク

20-40h くらい、か

今の生活では

私が保育園に子どもたちを送り迎えしています。

この場合、現職においては

毎日 1h は残業出来る見通しです。

毎月 20 営業日だとして、残業 20h といったところです。

転職の候補となる企業の

ワークライフバランスに関する情報を調べると

だいたいどこも月 40-45 時間あたりで規制があり

それ以上は残業させられなくなっている模様。

という訳で、例えば毎日お迎えの時間を

夕食を食べさせてくれるところまで延長すれば

毎日 2h 残業出来る計算で、

20 営業日 / 月 と考えると、40h 残業出来そうです。

ただ、毎日子どもたちが夕食を食べるまで

保育園に残るとなると

子どもたちの体力が心配ですし

ちょっと可哀想な感じがします。

という訳で、嫁さんと私で

送りとお迎えを分担するという

一般的なスタイルになるかもしれません。

送り私、お迎え嫁さん

例えば私が今まで通りの時間に

保育園に朝送っていって

帰りは嫁さんがお迎えして

子どもたちと嫁さんは一緒に帰宅。

嫁さんは夕飯の準備をして

私が家に着くくらいのタイミングで

一緒に夕食。

このやり方でも、私は 2h 残業出来そうです。

ただ、現状、

嫁さんは仕事の後に直帰して

夕飯の準備を先に進めていて

私が子どもたちを連れて帰るスタイルで

この分担においても、嫁さんはバタバタと大変そうです。

お迎えまでお願いすると、嫁さんの体力が心配です。

嫁さんが忙しかったり辛いときは

保育園で子どもたちが夕食を食べて来てもらえば

少しは楽出来るかもしれません。

という訳で、

何とか私の残業時間は確保出来そうに思えますが

これらは子どもたちが風邪とかで熱出していないことが前提で

看病とかついて回ると、全然そうもいかなくなります。

あと、前述の通り嫁さんの体力が懸念されるため

転職活動の行く末次第で

嫁さんとしっかり作戦会議をした方が良さそうです。

自身の人生を考えた転職活動ですが

それが家族にも影響のある話になっています。

子育て世代は色々と辛いですね。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て, 父も勉強