双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

自粛解除後の久しぶりの保育園

      2020/05/31

先日、コロナによる緊急事態が解除されました。

それに合わせて、勤め先の指針も出されて

自宅での保育が不可能になりましたので

子どもたちは保育園に行くことに。

幸いにも、緊急事態の解除と合わせて

通っている保育園でも受け入れを緩和してくれています。

とは言え、自治体としては

6 末まで自宅保育の要請をしていますが

勤め先とか家庭の環境次第で出来たり出来なかったりします。

うちは出来ない方なので保育園を頼ることに。

久しぶりの保育園で

子どもたちも楽しんでいるようです。

スポンサーリンク

久しぶりの先生とお友だち

約 1 カ月ぶり、といったところでしょうか。

暫くぶりに先生やお友だちと再会した二人。

お友だちは全員来ている訳ではないので

再会できたお友だちは限られていますが

先生の大半は保育園に居た模様。

久しぶりの再会で嬉しかったようです。

たった 1 カ月でしたが

暫く顔を合わせていなかったためか

少し大きくなったね

と言われていました。

実際にそこまで大きくなっている訳では

無いと思いますが

趣とか雰囲気は

きっと大人の 1 カ月間の成長よりも大きく

少しの間目を合わさないと

その違いを顕著に感じるのだと思います。

私自身、幼少の頃

祖父母とか親戚に会う度に

大きくなったねぇ

と言われていました。

私自身、数カ月でそう変わる訳ないと思っていて

全然ピンと来ていませんでした。

祖父母や親せきが持つ私のイメージが

もっと小さい頃のモノで、

会う度に少し前の私との比較ではなく

もっと小さい頃との比較をしてしまうため

毎回大きくなったと言われるのかと思っていました。

がしかし、大きさだけではなく雰囲気の違いも

もしかしたらあるのかなぁとこの都度思いました。

少し寂しそうな竜太

久しぶりに子どもたちを保育園に連れて行った初日、

朝から居た先生がちょうど、子どもたちの大好きな方でした。

特に竜子のお気に入りの先生の一人だったためか

竜子は機嫌良く “行ってらっしゃい” を簡単に済ませて

その先生にべったりになっていました。

一方の竜太は私の脚にしがみ付いたり

私の手を掴んで自分の顔とか頬っぺたにくっつけて

スリスリして寂しそうな表情をしていました。

結局、その場ではバイバイ出来ず

保育園の玄関まで竜太は送ってくれることに。

一緒に玄関まで出て、竜太にバイバイしてもらい、

ちゃんと竜太がクラスの部屋に戻るかどうか見守っていると

少し寂しそうな背中をしながらも

しっかりとした足取りで戻っていきました。

私も嫁さんも、

約 1 カ月ぶりに子どもたちと時間を共にしない生活が訪れました。

負担が一気に軽減された感じがありますが

子どもたちが身近に居ない静けさと

寂しさを感じる日々です。

でもこの距離感が大事に思えています。

子どもたちと顔を合わせていな時間の間、

子どもたち、

お昼ごはん食べたかな、

お昼寝したかな、

お友だちと仲良く遊んでいるかな、

とふと思うことがあり

子どもたちを想い、

自身の中に愛情を育ませているように思えます。

やはり専業主婦・主夫の方々で

24h 子どもと一緒に居る人たちは

物凄いストレスを抱えているのだと痛感しました。

さて、このままコロナ第二はも大きく来ず、

収束してくれると良いのですが、どうなることやら。

にほんブログ村

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m 育児人気ブログランキングへ
育児 ブログランキング

Facebook ページ

 - 保育園, 子育て