双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

ANA カードとマイレージ・プラス カード (UA)

      2017/07/29

前回、うちの場合はマイルの価値が極めて高く、

マイルを貯めるとお得だと記載していました。

実家が遠いため、帰省のフライトにも使えますし

我々の親を呼んで子どもたちに会ってもらったりする際にも

マイルは使えますので重宝します。

親孝行代、子どもたちのお世話のヘルプ代が

マイルで賄えると考えると

マイルにはかなりの価値を見出すことが出来ます。

で、検討したクレジットカードを紹介しますね。

スポンサーリンク

ANA ワイドゴールドカード

ANA のマイルを貯めることにしたと先日記載していました。

JAL のマイルは、イオン系列のお店で買い物するときとか

waon でのお買い物 + チャージのときに

マイルが沢山貯まるのですが、

それ以外となると 100 円で 1 マイルなので 1% 還元です。

一方、この ANA ワイドゴールドカードの場合

最大で約 1.7% といった還元率になるようです。

ただ、その高還元率を実現するには

以下の作業が必要なようです。

  • リボ払いを利用して、毎月金利が極小になるように精算手続き
  • ボーナスポイントをソラチカカードを経由してマイルに変換

それぞれの詳細の説明はここでは割愛しますが、

少なくとも月に 1 回、internet の会員サイトにログインして

ポチポチと操作する必要があり、面倒っちゃ面倒です。

でも、背に腹は代えられないので、高還元率を理由に

このカードを利用してANA のマイルを貯めることに決めました。

MileagePlus MUFG カード ゴールドプレステージ

もう一つの候補はこちらのカードでした。

貯まるマイルは UA (ユナイテッド航空) のマイルです。

乗客を強制的に飛行機から降ろした (もちろん離陸前) ことで

最近、評判悪いですね 笑

米の航空会社ですが、国内で UA のマイルを使う場合、

アライアンスを組んでいる ANA の国内線に乗れるのです。

2017.7 時点では、国内片道 5,000 マイルです。

しかもストップオーバーも出来るので、

片道航空券でいくつか空港を点々と出来るようです。

このカードの場合、100 円で 2 マイル貰えるようです。

海外利用の場合は、100 円 3 マイル。

つまりマイル還元率が 2-3% で ANA カードより高還元率です。

その代わり、

ANA カードと同じくリボ払いの金利調整を毎月する必要があり、面倒です。

片道の航空券も 5,000 マイルで少なくて、

ANA カードよりもマイルを多く貯められます。

おまけに、ANA のマイルと異なり UA のマイルは

新しくマイルを取得する度に有効期限が 18 ヶ月延伸される仕組みですので

クレジットカードで貯める分には延長され続けて実質期限が無くなります。

ここまで記載すると ANA カードより良いように思えますが、

私は ANA カードを選びました。

その理由は次回にでも触れたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 父も勉強