双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

“わがまま” を理解した ?

      2018/06/06

子どもたちがどんどん暴れています。

ああしたいこうしたいが強くて

満たされないとイヤイヤして不機嫌になります。

ついさっきまで遊んでいたおもちゃですら

掴んでポンと投げ捨ててスネてみたり。

何とも人間らしく感情的です。

何とか色々と適えてあげたいのは山々ですが

無理なものは無理だったりします。

例えば 1 つしかないものを 2 人が求めて片方だけになるときとか

そもそも無いものを求められたりとか。

でも子どもたちはそんな事情、知ったこっちゃないようで

お構い無しでイヤイヤと暴れます。

そんな子どもたちに向けて、最近私が

わがまま

と表現するようになっていたのですが

先日、竜太 (仮称) が意味を理解したのか

理解せずに手探りで言葉を使ってみているだけなのか不明ですが

“わがまま” と竜太 (仮称) も言うようになったのです。

スポンサーリンク

イヤイヤする竜子 (仮称) に対して

始まりは定番の抱っこ紐での抱っこ争奪戦です。

両者、自分が抱っこ紐での抱っこが良いと主張します。

あいにく、朝の保育園に向けての出発タイミングだったので

嫁さんは居なく、私だけですので

抱っこ出来る子どもも 1 人だけです。

前日の傾向とか色々考慮して、

竜太 (仮称) を抱っこ紐で抱っこすることに決めたのですが

その決定に不服な竜子 (仮称) はイヤイヤして抗議していました。

そうなるともう手がつけられなくて

アレも嫌、コレも嫌になって本当にワガママさんになります。

そんな竜子 (仮称) に向けて

既に抱っこ紐での抱っこ権を得た余裕からか

竜太 (仮称) がこんなことを言っていました。

“まがまが” だよ、竜子 (仮称) ちゃん、”まがまま” だよ

“わがまま”  と言っているつもりのようでした 笑

使い方から意味を理解している模様

子どもたち、

言葉の定義を理解した上で言葉を使うというより

利用シーンを覚えて、まずはその表現を使ってみることで

言葉を覚えているように思えています。

アレも嫌コレも嫌する様子を見て、

私が “わがまま” という表現をしていたことを

竜太 (仮称) は覚えていたみたいで、

同じような光景になったタイミングで

“わがまま” という言葉を使ってみたようでした。

詳細であったり深い意味合いは理解せず

まずは使うところから、といった感じです。

この試用を繰り返して言葉の意味や正確な使い方を

学んでいるように思えました。

まずは新しい表現を使い、使いながら相手の反応を見て

表現の意味合いだとか使い方を学んでいるようです。

吸収が早い子どもならではの学習方法ですね。

まずは使ってみる、という発想は

英語を学ぶ身としても参考になりました。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て, 父も勉強