双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

竜太 (仮称) も鎖の遊具が出来るように

      2019/07/18

以前、竜子 (仮称) がよく行く公園の遊具を

上手に出来るように (遊べるように) なった

と記載していました。

相変わらず表現し難いですが

鎖 2 本が対になっていて

梯子になっているものが

5 セットくらい並んだ遊具があります。

鎖の梯子を登って

梯子から梯子に順番に渡っていく遊具です。

鎖の梯子はユラユラ動いてしまいますので

次の梯子に足をかけて渡って行くのが

固定された鉄の棒の遊具と比べると難しいです。

竜子 (仮称) はかなり上手に渡れるようになっていましたが

最近、遂に、竜太 (仮称) も出来るようになりました。

ちょっと、竜子 (仮称) とやり方違うけど…笑

スポンサーリンク

KUMON 教室の帰り道

竜子 (仮称) が上手に渡っているのを見て

自分も ! と思って何度か挑戦していた竜太 (仮称) ですが

上手く出来ないことを悟ると

全然、挑戦すらしなくなっていました。

まぁ人それぞれの楽しみ方だとか

そもそも

人それぞれの成長スピードとか興味所があるので

無理強いすることは無かったのですが

やってみたら ? という声がけは継続的にしていました。

で、ある平日、KUMON の教室に行った帰り道でしたが

まだ嫁さんが帰宅するまで時間があり

日が暮れる時間も遅くなっていて、まだ明るかったので

帰り道にあるその公園に立ち寄って

少しだけ遊ぶことにしました。

相変わらず渡るのが上手な竜子 (仮称) ですが

その日はなぜか、

竜太 (仮称) も挑戦モードになっていたみたいで

鎖の遊具に挑み始めました。

相変わらず、へっぴり腰でしたし

上手くいかなさそうな感じで取り組んでいたので

またいつも通り、途中で諦めるように思えていましたが

意外にも粘りを見せてくれました。

腰が引けながらも、不格好ながらも

で、そのまま竜太 (仮称) を見守っていましたが

何と、梯子を 1 つずつ

慎重に

というか怖がりながらも

渡ることが出来始めていました。

竜子 (仮称) がキレイに教科書とかお手本にありそうな方法で

梯子を渡って行くのに対して

竜太 (仮称) はかなり力技というか強引というか

ダサい感じで渡って行きます 笑

怖いので

隣の梯子に向けて足をソロりと差し出し

足の裏を次の梯子に載せるのではなく

脚の大半を次の梯子に絡める感じになります。

たまに、

両脚で 2 つの梯子に跨ってしまう感じにもなります。

例えば、

左脚は次の鎖に跨って、

右脚は今まで居た鎖に跨って

ガニ股みたいな感じになるのです 笑

で、脚でしっかり固定しながら

両手でしっかりと鎖を掴んで

残りの脚や体のパーツを次の鎖に移して行きます。

物凄く、鈍臭くて可愛らしいです 笑

前述したように

人それぞれで好みやら個性だとかやり方はあると思いますので

それを否定したり辞めさせることはせず

私は笑いながら見守っていました。

でもちゃんと全ての鎖を渡り切れたので

しっかり褒めましたし

竜太 (仮称) から嫁さんにも

鎖の遊具が出来るようになったことを

報告して貰いました。

また少し、子どもたちが成長したみたいです。

成長している様を見るのは

とても楽しいですし

一緒に子どもの成長や成功を楽しめるのは

子どもを持つ親の特権ですね。

至福のときです。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て