双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

痛恨のミス (Y!mobile PHS からスマホ変更)

   

以前、このブログでも記載していましたが

嫁さんは Y!mobile の PHS を使っています。

かなりレアですよね。

で、スマホ時代に PHS だけで生活することは

ほぼ無理に近いと思いますので

ビック SIM と SIM Free 端末を用意して

2 台持ちして暮らしていました。

がしかし、PHS サービス終了まで 1 年を切りましたし

10 月からの各社携帯通信事業者の料金改定もあるので

9 月中に手続きした方が得に思えたので

遂に PHS からスマホに変更する手続きをしたのですが

痛恨のミスをしてしまいました…。

スポンサーリンク

狙ったのは PHS からの移行特典

PHS サービス提供に伴い

利用者がスマホに契約変更し易いよう

色々な施策が打たれています。

その中で、個人的には特に目玉に思えて居るものが

スーパー誰とでも定額 1,080 円 / 月 がずっと無料

というものです。

0570 みたいな特殊課金されるような通話以外

ずっと無制限に無料になるというのは

なかなか有り難い話です。

ただ、無料キャンペーン対象外になってしまう条件もあります。

1. Y!mobile との契約の解約・(他人への) 譲渡
2. 料金プランの変更
3. 端末代が割引になる機種変更・機種購入

“1” はまぁわかりやすいので説明は割愛します。

“2” は、例えばデータ通信をもっと多くしたくなったときに

高速通信分が多いプランに変更したりすると該当してしまいます。

“3” は分かりにくいのですが

各通信事業者、端末代を安く販売しています。

その分、月々の基本料金や通信料で回収するモデルです。

もしくは端末を一括購入すると月々の回線料も割引になる

といった施策もあったりします。

まぁ要するに、端末代と通史r尿をうまいこと帳尻合わせして

大幅な値引きを実現しているようなものです。

これ、だいたい 2 年毎に端末購入する人には嬉しい施策ですが

ずっと同じ端末を使い続ける人にはメリットがなく

不公平だと言われていました。

それが、法改定されてしまい、10/1 から禁止されるのです。

つまり、スーパー誰とでも定額が無料になる条件として

10 月からは端末変更が該当しなくなる訳です。

割引施策、禁止されますからね。

実はもう 1 の条件がある…?

で、PHS からの移行手続きで得られる特典である

スーパー誰とでも定額が無料になる施策ですが

前述の 3 つの条件以外にも、もう 1 つ、

施策対象外となってしまう手続きがあるとショップで伺いました。

SIM の再発行手続きです。

例えば SIM のサイズを変えたいときとかは

各通信キャリアで手続きをして

新しい SIM を同じ番号・回線のモノとして

再発行してもらう必要があります。

で、前述の通り

この手続も該当と説明を受けたのですが

これに関わる点で、大きな誤算が生まれました。

今回、PHS からスマホに契約変更するにあたり

購入するスマホは iPhone6s にしました。

もう古い機種なので、3 万円くらいで安価です。

しかもヤフオクとかでまだ需要が残っているので

出口戦略も考えた末の結論です。

3 万円くらいの端末代を支払い、

毎月の通信料の割引が

・約 1,000 円 x 12 ヶ月
・約 1,300 円 x 24 ヶ月

ですので、総額で約 43,000 円です

更に、前述の通りヤフオクで iPhone6s を売ると

恐らく 2 万円くらいにはなりますので

合計で約 6 万円 Get といったところでしょうか。

端末代差し引いても 3 万円くらいはプラスになる算段です。

これが 10/1 の法改正では使えなくなるスキームなので

9/30 に駆け込んで手続きをしたのですが

ここで知らなかったとは言え大変な誤算が含まれていました。

そろそろ長くなったので、具体的にどのようなミスをしたのか

次回に記載したいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 父も勉強