双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

KUMON の足し算始まる

      2020/02/04

先日もこのブログで記載していましたが、

子どもたち、とうとう、KUMON の算数の教材が

足し算になってきました。

今まで、散々、

数字を書いたり読んだりするだけの教材で

習字でもあるまいに

と思えるようなポイントで

KUMON の教室の先生から訂正の指示を受けていましたが

ようやく、教材が先に進み

子どもたちも足し算に取り組むことになりました。

KUMON の教材で

どうやって足し算の概念を子どもたちに伝えるのだろう

と疑問に思っていましたが

そんな概念、教えて貰えなさそうです。

スポンサーリンク

+1 する問題を多く取り組む

色々なパターンの足し算に取り組むのかと思いきや

1 から 12 くらいまでの数字に

ひたすら +1 する問題を解くスタイルです。

その導入として、最初にこんな問題がしばらく続くだけでした

1 → 2
1 + 1 = 2

3 → 4
3 + 1 = 4

つまり、+1 は次の数字 (整数) だよ、

と理解させたいようです。

一応、教材が上記のような流れなので

そのように子どもに教えていますが

何かちょっと、釈然としません。

1 つ と 1 つ を足し合わせると合計何個でしょう

といったところから入ると思っていたので。

幾何学だとか何だとか

小難しい数学の細かい定義においては

+1 の概念を数を足し合わせると考えるより

次の数を表す、という考え方が合っているのかもしれませんが

それであれば、+2 や +3 はどう説明するのだろう

と疑問が残ります…。

まぁ当面は +1 ばかりだから、大丈夫なのかもしれませんが。

子どもたち、何となく理解

子どもたちは果たして +1 の計算を理解するのか

結構、不安で居ましたが

何問か頭を抱えながら取り組むうちに

意味合いが掴めたようで

8 割くらいの正答率で解くようになってきました。

たまにわからなくなって考え込んだり

わかったつもりで書いた数字が全然答えと違って

その間違いにも気付かないケースがありますが

丁寧に訂正させたり再度教えたりして

何とか繰り返し理解を重ねさせています。

今までの教材の、

ひたすら数字を書くだけのモノよりは

記載する量がそこまで多くないためか

間違えずにスラスラ解けると

結構、1 日の宿題を早く終えることができるようです。

その一方、間違い探しをしたり

一度わからなくなってしまうと

余計にわからなくなってしまうようで

結構、時間を要するようです。

KUMON は物量で経験を増やす勉強の仕方なので

繰り返し取り組んで

子どもたちの中で、しっかり意味合いを咀嚼し

腑に落ちて貰えればと思いますが

コレばっかりは周りの大人とかがどう説明しても

本人たちに委ねるところなので

もどかしい感じになっていきそうです。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て, 学習