双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

プラレールの立体交差に挑戦

      2020/03/17

先日、竜太のプラレール遊びが

徐々に高度化していたことを記載していました。

うちには十分な量と種類のレールパーツが無いため

BRIO のレールやら道路と組み合わせて

なかなか面白い形に仕上げていました。

竜太はかなり電車が好きらしく、

たまたま頂いた電車の塗り絵にも積極的に取り組んで

一生懸命、見本を見ながら色を塗り塗りしたり

新型コロナウィルスの件で

休日、外出して遊べない中、

家で電車を使って遊んだりしています。

色々なパーツを組み合わせて作る遊びは

創造力を養えるように思えたため、

レールのパーツを買ってあげることにしました。

スポンサーリンク

癖のあるレールパーツ

私が幼少の頃は

田舎暮らしだったこともあり

あまり電車が身近な存在ではなく

電車に対して何の興味もありませんでした。

なので、プラレールは全然、興味無く、

それよりも車が好きだったように思えます。

厳密には車というより、トランスフォーマーでしたが 笑

で、あまりプラレールのことを分かっていなかったのですが

レールパーツに癖があるように思えます。

素直な坂パーツが無く、

曲線を描くような坂パーツか

もしくは長めのレールの坂パーツくらいのようです。

短めで坂パーツを作ってくれりゃ良いのに

と思ったのですが

恐らく、あまり短い長さで坂道にすると

電池で動く電車の馬力では登れなかったり

下る際にスピードが出過ぎて脱線するため

ある程度の長さを設けて

高低差を出す必要があると思われます。

ではそんなに高くしなくても良いのではないか

という疑問も湧きますが

ある程度の高さにしないと

電車が線路を潜れなくなるのだと思います。

立体交差で遊ぶ 3 点セット

で、結局買ったレールパーツは以下の通りです。

1. プラレール 坂曲線レール R-18
2. プラレール J-14 ブロック橋脚 (6個入)
3. プラレール ニュー坂レール(2本入・ブロック橋脚2個付) R-06

1 は曲線を描くように坂を作るパーツです。

これだけでまずは十分と思いましたが

高さを出した後、その高さを維持してレールを繋げたい場合、

そのレールの足場・土台が必要になります。

そこで 2 を合わせて購入したのです。

1 と 2 があれば

取り合えず最低限の立体交差は作れるのですが

作れる幅がかなり狭く

自由に色々と試すことが出来る感じはありません。

というのも、1 の坂パーツは

多くのレールが入っているように見えて

A 型と B 型に分かれています。

どっちがどっちか忘れましたが

右回りの坂パーツと左回りの坂パーツが

分かれているのです。

なので、自由に組み合わせようとすると

パーツ不足になります。

そこで 3 を更に買い足しました。

3 であれば、自由に高さを設けた後、

3 のレールを 1 本使うだけで地面の高さに戻せるのです。

という訳で、取り合えず立体交差に挑戦する際は

この 3 点セットの購入がオススメです。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - オススメ, 子育て