双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

贅沢は敵、育児でも

      2020/03/26

最近、ぼんやりと思うことがあります。

うちの子どもたち、

恐らく他のご家庭の子どもたちと比べて

色々と規制・制限されていることが多いです。

勿論、それをしているのは

親である私なのですが…。

少し可哀想に思えることもありますが

それでも子どもたちは楽しく過ごしていたり

楽しいことが出来たときの喜ぶ様子は

本当に幸せそうな笑顔です。

なので、色々と楽しいことをするのは

大きくなってからに取っといてあげようと思っています。

スポンサーリンク

偏食が無いうちの子どもたち

他のお家のお子さんのことを聞いたり

twitter とかで他のママさんパパさんの投稿を見ると

子どもの偏食に頭を悩ませる方々が多い模様。

揚げ物とかフライドポテトしか食べない、とか。

白米を食べてくれない、とか。

おやつばかり食べて、食事をあまりしない、とか。

一方、うちの子どもは

これらの悩みがほぼありません。

白米のご飯については

二人とも少し苦手でしたが

今ではおかずと合わせて食べることを

何となく理解したためか

例えばお好み焼きに合わせて私が

ご飯を少し一緒に食べている (お好み焼き定食、です) と

子どもたちもご飯食べたいと言います 笑

食べなくて困るお子さんが居る一方、

むしろ、うちの子どもたちは

おかわりして沢山食べてしまう方が悩みです 笑

本当によく食べる…。

特に竜太はある種のストレス食いじゃないかと

思えるくらい、お腹パンパンになるまで食べるので

非常に心配しているくらいです…。

一応、成長曲線上は標準体重なのでまだ静観していますが。

子ども向けコンテンツやらスイーツやら

また、うちの子どもたち

プリキュアだったり仮面ライダーだったり

戦隊モノ (スーパーヒーロー) を

家で見ていません。

その割にはやけに詳しくなっていますが

全て保育園のお友だちに教えて貰っている模様です。

それでも興味を持って

シールとか貰える機会があると

見たことも無いのに、喜んでそのシールを大事にします。

また、チョコレートとかアイスクリームとか

所謂、子どもたちが大好きそうなスイーツは

家で食べることがほぼありません。

頂き物で高品質のモノを貰えるときは

子どもたちも一緒に、みんなで分け合って食べたりしますが

日常的に買い与えることはしていません。

そのため、旅行のとかで

ちょっと美味しいデザートを食べる機会があると

二人とも目をキラキラさせて

お皿がキレイになるまでスプーンとかですくって食べています 笑

そんな姿を見ると

何だか窮屈・貧相で可哀想に思えて少し罪悪感も湧きますが

前述のように偏食だとか趣味嗜好の偏り・固執を生まないという

大きなメリットもあります。

もっと甘やかして

笑顔になってもらう方法もありますが

それは大きくなって自分で自分にご褒美を上げてもらう用に

取っておこうと思います。

何が正解かわかりませんが

これがうちの育児ポリシーです。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て