双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

カブト怖がる竜太

   

先日、我が家にカブトムシが来た話をしました。

正直、こんな生活が始まるなんて夢にも思っていませんでした。

事の発端は竜太です。

子どもたちの通う保育園にて

幼虫だったカブトムシが

無事に成虫になったとのこと。

各家庭、希望者に持って帰ってもらっていて

園長先生から我が家もカブトいかがですか

と声掛けを受けました。

嫁さんも私も虫が苦手。

まず、無いな、と思ったので

丁重にお断りしたのですが

竜太はかなり欲しそうにしていました。

嫁さんに聞くと

いつも通り、後先考えずに無責任に

いいんじゃない ? 貰えば。

みたいなことを言い出したので

そこからワタワタと受け入れ準備が始まり

うちでカブトムシが生活することになったのです。

繰り返しですが、欲しいと強く主張していたのは竜太。

スポンサーリンク

竜太がお世話するんだよ ?

カブトムシを貰う話を最初に聞いたときに

うちでは無理な旨を子どもたちにも話していました。

お父さんもお母さんも虫苦手だからお世話する人が居ない、と。

するとカブトムシ欲しい竜太が

後先考えずに無責任に、

僕がするから大丈夫

と言いました。

そんな文脈が付いていて、嫁さんも貰えというので貰うことになり

受け取りの際も、念のため竜太に確認。

しっかりお世話するんだよ、と。

力強い返事を無責任にする竜太。

絶対やらないだろうなぁと思っていたのですが

案の定、竜太はカブトムシが怖い模様 笑

毎日、保育園から帰ってきたタイミングで

昆虫ゼリーをカブトムシにあげるのですが、

まず私が

食べ尽くされた昆虫ゼリーのプラスチックのケースを

エサ台ごと回収します。

そのあと、子どもたちの片方が昆虫ゼリーの在庫から 1 個持ってきて

私がゼリーの蓋を開けてエサ台にセット。

もう片方の子どもがエサ台ごと飼育ケース内にセットする

というタスクになっていて

子どもたちの役回りは日ごとに交代です。

竜太がお世話することになっていたので

竜太は率先してやって欲しいのですが…。

怖がる竜太

で、竜太がエサをエサ台ごと飼育ケースに置く日。

エサ台を設置する場所の近くに

オスのカブトムシが居ました。

竜太はそうっとエサ台を下ろすのですが

カブトムシに誤って手が触れてしまうことを恐れて

結構、上の方から手を放して

エサ台を落とす形で設置してしまいました。

そしてオスがその近くにいて、

何とオスのツノがエサ台の下敷きになり

オスはツノごとヒノキのマットに顔を埋める形になり

その代わりに手足は宙に浮いてジタバタする感じになるという…。

非常に滑稽なことになり、笑い出しそうになりました。

が、カブトムシからすると

なにすんねん !

だと思うんですよね…。

また別の日、保育園にお迎えに行くと

急に竜太がこちらを振り返り

カブトムシ怖いと言い出していました。

その日は竜太がエサ台置く番だったので 笑

あれだけカブトムシ貰うのを希望していたのに

実態はコレです…。

ホントに短絡的に衝動的に物事を欲しがります。

もう少し先を見据えて考えられるようになると良いのですが

まぁ大人でも出来ない人は多いですし、まだ先になりそうですね。

にほんブログ村

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m 育児人気ブログランキングへ
育児 ブログランキング

Facebook ページ

 - 保育園, 子育て, 父も勉強