双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

NativeCamp への興味

      2022/01/18

以前、このブログで触れていましたが

愛用する EnglishCentral のサービス料金プランが改悪しました…。

もともと英語が物凄く苦手だったのですが

20 代後半、30 歳が近付いたタイミングで

英語を勉強し直そうと決心しました。

最初はイーオンだとかベルリッツの

少数グループレッスンに通っていましたが

頻度が週 1 回で少な過ぎますし

何よりもコストが高額過ぎますので

オンライン英会話に切り替えました。

最初はオンライン英会話の草分け的な存在の

レアジョブ

を使っていましたが、

今ではすっかり

EnglishCentral

です。

このまま淡々と使い続けようと思っていましたが

まさかの料金プラン改悪。

それでも仕方なしに、次の契約更新のタイミングも

EnglishCentral にしようかなぁと思っていましたが

心変わりしてきました。

スポンサーリンク

子どもの英語環境

心変わりした理由は一重に、

子どもたち

です。

4 月から小学校に入学して通学することになりますが

いよいよ色々な授業が開始され

その中に、英語も含まれています。

私が学生の頃は、

英語の開始 = 中学生

でしたが、

今では小学生から取り組むようですね。

しかも各御家庭のリテラシは上がっていて

就学前に英会話に通わせるご家庭もザラです。

まぁ小学校から始まるなら

小学校の授業について行けば良いのではないか


と思っていましたが

小学校の英語の授業の頻度は

語学を学ぶ上で十分かと言うと

全然そんなことなく。

子どもたちが手軽に英語を勉強できるように

何か環境を用意すべきと考え始めたのです。

NativeCamp が候補か ?

私一人が英語に取り組む場合、

EnglishCentral が最適なことは変わりません。

が、子どもたちもそれぞれ

オンライン英会話のアカウントとサービス契約するとなると

月額 x 人数分 x 12 が発生します…。

まぁ全員で私並みに使い倒すなら全然それでも良いのですが

子どもたちの場合、きっとそうもいかないと思いますので

そこそこコスパが良いモノを用意したいところ。

簡単に候補を探しましたが

こんな感じかと思います

・1. クラウディ
・2. NativeCamp

“1” は毎日レッスンプランもあり

無料で家族とアカウント共用が出来る感じですが

残念ながら毎日 2 回プランが上限かつ

レッスン回数を家族で共用するタイプ。

つまり 2 回 / 日のプランで

私が毎日レッスンを受けると

残りは 1 回 / 日。

受講できる子どもは片方となります。

一方の NativeCamp は

家族アカウントが 2021.1 時点で 1 人あたり 1,980 円 / 月。

しかも NativeCamp の売りである、受講回数、無制限。

事前予約には追加コスト発生しますが

直前に空いている講師を選択してレッスンスタートするタイプなら

以下の予算感でいけそうです。

・代表者 (私) : 6,480 円 /月
・ファミリー (竜子) : 1,980 円 / 月
・ファミリー (竜太) : 1,980 円 / 月
・合計 : 10,440 円 / 月

三日坊主常習犯の嫁さん分 (1,980 円) を加えても

合計 12,420 円 / 月です。

私一人が EnglishCentral を継続するコスト感からすると

随分と高額になってしまいますが

まぁ子どもたちを英会話教室に連れて行っていると思えば

随分と安上がりかなぁと思っています。

2022.1 末までの間なら、初月 95% off らしいので

まずはそれで私一人分を 1 ヵ月試してみようかと思います。

EnglishCentral とお別れとなると少し寂しい気持ちもありますが…。

にほんブログ村

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m 育児人気ブログランキングへ
育児 ブログランキング

Facebook ページ

 - 子育て, 父も勉強