双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

実はお兄さんぶりたい ?

      2019/10/27

嫁さんも私も

まぁまぁな年齢で結婚したため、

子どもが出来たとしても 1 人かなぁ

と思っていました。

むしろ出来ない可能性の方が高いようにも思っていて

子どもが居ないという人生もある程度覚悟していました。

が、しかし、

そんなネガティブな覚悟も吹き飛んでしまいました。

私たちが授かった子どもは、双子。

しかも嫁さんの夢だった、

女の子と男の子の子どもを持つという。

そこからドタバタな生活が始まり

心身ともに疲弊しながらも

恐らく今が一番の幸せにも思えています。

で、子どもたち、

一人っ子ではないのですが

兄でも姉でも弟でも妹でも無いのです。

一方、保育園では同じクラスのお友だちに

弟さんやら妹さんが居る場合もあり、

何となくですが、

兄だとか姉のポジションに

ちょっとした憧れがあるように思えます。

特に、竜太 (仮称) の振る舞いを見ていて

そんな風に思えてきました。

スポンサーリンク

小さな子に優しく振舞う竜太 (仮称)

先日、色々あって

私が一人で子どもたちを

ちょっと大きい公園に連れて行くことになりました。

その公演は電車で 2 駅移動しますが

綺麗に整備されていて

私も気に入っている公園です。

ただ、それでも一人で子どもたち 2 人を連れて行くのは

結構、勇気が要りますし、大変です。

子どもたちが 2 人で別々の遊戯で遊ぶと

どこか行ってしまわないか不安ですし

目が届かなくなりそうです。

また、トイレと言われても

慣れていない屋外のトイレに

片方を連れて行って、

もう片方はどうしよう

とか、色々無理があります。

まぁそんな不安はありますが

おしっこを家でしっかりさせて連れて行くと

取り合えずおしっこ問題は辛うじて生じませんでした。

二人がバラバラに遊ぶという事態に陥りましたが

見失っては頑張って見つけ出したりを繰り返して

何とかなりました…。

で、その公演で遊ぶ中、

竜太 (仮称) が自分よりも小さな子、

多分 1 歳くらいの子に興味を示し始めました。

ジャングルジムにヨタヨタしながら

掴まり立ちするその子の傍に行き、

優しく楽しそうな顔をして見守っていました。

で、優しくヨシヨシもしていました。

とても嬉しそうな顔をして 笑

背の低い同い年の子に優しく接する

別の日の話ですが

いつも通り、二人をお迎えに行くと

上のクラスの子のお母さんがお迎えに来ていました。

その子とは別に、

もう一人小柄な女の子を連れてきていましたので

恐らく、下のお子さんは別の保育園になっちゃったようです。

うちの子どもたちは

そのお母さんがお迎えした子と面識もあり

名前も呼び合っていて

帰るタイミングも同じになって、

方向も同じなので、一緒に帰ることに。

で、その子の妹さんにあたる

小柄な子に気付いた竜太 (仮称)。

優しく手を伸ばし、手を繋いで帰ることに 笑

その小柄な子、小さい割には

かなりハキハキとしっかりお話をしていました。

その岡さんの話を聞くと

どうやらうちの子どもたちと同い年で

やはり別の保育園に通っているとのこと。

同級生でした。

でも、竜太 (仮称) の優しい振る舞いは

確実に、年下と思っている感じです 笑

お兄さんぶりたい感じが思いっきり出ていて

竜太 (仮称) の優しさに再認識した出来事でした。

弟とか、妹とか居たら、いいお兄さんになったかもしれません。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て