双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

KUMON 無料体験の国語、参考にならず

      2019/12/02

以前、このブログで

子どもたちが通う KUMON の無料体験学習期間のことを

記載していました。

子どもたちは算数だけやっていますが

名前を買いたり、

絵本を読んだりすることにも

興味があるみたいなので

無料なら、

国語も試してみようかと思ったのがきっかけです。

無料体験学習は 11 月までだったので

取り敢えず期間終了となったのですが

本格的に取り組むかどうか

結論を出す必要があります。

スポンサーリンク

参考にならなかった

無料体験学習期間とは言え

最初に実力判定テストみたいなものを受けて

どのレベルの教材にするかの判断材料にされました。

おそらく、

本人たちのモチベーションを高めることが目的なのでしょうが

易しめのレベルにしたと説明を受けていましたが

案の定、

易しめのレベルでは

子どもたちは簡単に解いて終わらせてしまいます。

勿論、狙い通り挫折することも無かった訳ですが

実はそれでは、

親である嫁さんや私の参考にはならないのです。

今、算数に取り組んでいますが

毎朝、朝食後に宿題をしています。

毎日、1 科目 5 枚です。

簡単な問題であれば時間を要さないのですが

少し難しくなったり

苦手な内容の場合、

一気にペースダウンして

忙しい貴重な朝の時間が無くなっていきます…。

この状態に国語の宿題が加わることになるのですが

今回設定されたレベルの問題だと

割りとスムーズに終わらせてしまい、

躓いたときにどこまで時間が無くなって大変になるのか

試してみることが出来なかったのです。

絵本読む練習の方が良さそう

ひらがなを書く練習教材だったら良かったのですが

今回の無料体験学習期間で取り組んだ課題は

ひらがなの単語を読む練習です。

子どもたちは少しずつ、

絵本を読む練習をしているので

ひらがなの単語だったら

割りと、苦なく読めてしまうのです。

1 枚あたり、

単語が 3 つ書いてあって、

それが表と裏にあるので

合計 6 単語、読む練習があります。

毎日 5 枚ずつなので、30 単語。

しかも重複もかなりありますので

純粋に 30 単語もありません。

これを淡々と読むだけの教材でしたが

絵本を読む練習の方がよっぽど有意義に思えました。

絵本を読む場合、

文章になっていますし

まだ理解していないみたいですが

物語の内容も記載されているため

読み上げるだけではなく

意味合いとかも考えることになります。

一方の今回の KUMON の教材は

本当に単語を読むだけ。

といった感じで

無料体験学習期間に設定されたレベルが原因で

トライアル感があまりなく

判断材料にならなかったため

無料期間終了後は

これまで通り算数のみの 1 科目だけとしたいと思います。

もう少し大きくなって、

文章とかを要約する練習とかになったら

KUMON の国語は良い教材になるようにも思えていますが

幼児向けはイマイチに感じました。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て, 学習