双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

竜太 (仮称) 自分の絵に納得いかず

   

このブログで何度か取り上げていますが

うちの子どもたち、

毎週土曜日、ヤマハの音楽教室に通っています。

2 歳の頃から通っていますが

もともとはリトミックレッスンでした。

2019 年度に入ってからは

教室に 1 人 1 台、エレクトーンがある部屋になり

リトミックとエレクトーンを用いた内容になっています。

まぁエレクトーンといっても

音楽を演奏するにはまだまだ程遠い内容で

リズム良く鍵盤をグーで叩いたり

一本指でリズムに合わせてポンと押したり

そんな内容です。

で、そのレッスンで使っている教材のテキ
中古市場での流通対策なのか何なのか

付属するシールを貼らせたり

ホームワークのページがあって

写真を貼ってきたり、

絵を描いてきたりする必要があります。

何度もその宿題は出されていて

子どもたちは無邪気に取り組んで居たのですが

最近、自分の出来栄えを見られることを

子どもたちは意識するようになってきました。

スポンサーリンク

嬉しくもあり、やや恥ずかしくもあり

宿題をやってくると

レッスンの時間に先生が取り上げてくれて

作品を皆に見せてくれます。

自分の成果を見てもらうという

なかなか良い経験・機会になっていると思います。

子どもたち本人も

自分の作品が見られることを意識しているみたいで

宿題をやってくると

やってきたよー、みてーといった感じに

アピールしています 笑

で、クラスのお友だちとか先生に見てもらうと

何だか少し、照れ臭そうな顔をしています。

その感じがとても可愛らしく、

人前とかの緊張感とか

人が普通に持ち合わせる感情・感覚が

成長と共に養われている様を見れて

親としては何だか嬉しく思えます。

竜子 (仮称) の描いた絵に嫉妬 ?

先日、また宿題が出たので

子どもたちに取り組ませていました。

トンボが飛行機になる

みたいな歌詞のある歌を聞く際に

開くページだったのですが

描かれているトンボが少なくて

そこに色々書き足す、

というのが宿題でした。

で、竜太 (仮称) が大好きな飛行機なのですが

竜太 (仮称) なりに思いっきり飛行機を描いたところ

よくわからない形に…。

で、竜子 (仮称) が描いた飛行機は

辛うじて旅客機に見える何か、でした。

でも、それが竜太 (仮称) からすると

自分の思い描いていた飛行機に近かったらしく

自身がそんな風に描けなかったことに対して

憤り、泣いてイヤイヤしていました 笑

飛行機、上手だよ。

スネなくても良いよ


と嫁さんが必死にフォローしていましたが

全然収まらず…。

クーピーでしっかり描いてしまっていたこともあり

消しゴムで消そうにも、キレイに消せなさそうだったので

隣の空きスペースに

もう一度描くように促すと

竜子 (仮称) の描いた飛行機を参考に

もう一度、挑戦していました。

今度は、旅客機に見えなくもない何かを描いて

やっと、心が落ち着いた模様でした 笑

私にはそれが

バスにしか見えなかったのですが

嫁さんから、

余計なこと言わない !

と釘を差されてしまいました…。

それにしても子どもたち、

自分の実力・成果と理想の差を感じるようになったようです。

その差分を良しとせず、自己研鑽出来るようになると

精神・知識・スキル、といった面での成長が期待出来ます。

身体だとか健康面での成長も勿論大事ですが

親としては、

両方共しっかり成長して欲しくなってしまいますね。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て