双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

竜子に厳しく言い過ぎ、か ?

      2020/02/07

先日、竜子の元気が無い、とこのブログで記載していました。

体調が少し悪いこともあるようですが

少し、私が厳しく言い過ぎていることも原因かもしれません。

ちょっと最近、時間不足とストレスで

子どもへのアタリが強くなっていたかもしれません。

ただ、言いがかりで厳しく言っている訳ではなく

きっと将来、困るだろう点を注意しているので

子どものためを思ってのことではあります。

とは言え、少し頭を冷やして

冷静な目線で大目に見ることもしてあげるべきにも

思えてきました。

スポンサーリンク

物事が中途半端

竜子と竜太は同じタイミングで生まれて

そこからずっと一緒に生活しています。

二人とも同じように生活していますが

性別差のためなのか何なのか

竜太よりも竜子の方が

何か出来るようになるのが

少し早いです。

その傾向はずっとあって

竜子は割りと色々なことを

早くから慣れ始めて

すっと出来るようになっているように見えます。

ですが、詰めが甘いです。

例えば保育園の運動会で

音楽に合わせて踊る種目があり

竜子は早々に振り付けを覚えたそうです。

ただ、その後の練習は

気分で踊ったり踊らなかったりと

自由気ままだった模様。

その結果、運動会の本番当日で

他のお友だちの方が上手に踊れていたりします。

お箸やスプーンで食べ物を食べるときも同様です。

割りと早くからお箸を使えるようになっていますが

口に入れるまでの間が雑なため

口の中に入り切らず、こぼれ落ちています。

何度注意しても、なかなか直りません。

途中で違うことをする

また、当初の目的を見失うことも多々あります。

xx やってね

と私や嫁さんが言って、動き始めるものの、

その作業の途中で違うことが気になると

手が止まったり、違うことを熱心に始めたりします。

小さい子によくある話かもしれませんが

竜子はその傾向が強いように思えます。

そのため、色々と寄り道になったり

途中で手を止めて手遊びやぼんやり何かを眺めたりするので

何かを終わらすまでの時間が間延びします。

この集中力の無さや時間効率の悪さが

きっと将来、竜子を困らすように思えているので

治すように注意するのですが、

竜子もストレスに思っていて

それで体調悪いのかもしれません。

注意力散漫ですが、裏を返すと

色々な物事に興味を持てる強みでもあります。

勿論、それはわかっています。

そこを伸ばしてあげたいのは山々なのですが

どうにも、そこまで私自身の心に余裕が無く…。

ただ、少し元気を無くしている竜子が

何だか寂しそうで可哀想なので

大目に見てあげられるように

私自身に言い聞かせてみたいと思います。

子どもたちには厳しいことを色々言っていますが

現状でも、色々と、

たくさんたくさん、

子どもたちは頑張っていますから。

もっと褒めてあげるべき、ですね。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て, 父も勉強