双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

脱ステロイドのリバウンド状態

      2016/05/24

前回、竜太 (仮称) の皮膚炎について記載しました。

何かあったときに最初に相談する先は小児科です。

専門外なので推測だけで記載しますが、

医者というお仕事は知識も重要ですが、

経験値もかなり重要です。

なぜなら、患者個体それぞれで

微妙に状況が異なっており、

適した治療方法や薬が微妙に違います。

もちろん、細かく調べれば経験値が無くても

適した方法を選べると思いますが、

基本的に暇な医者は居ません。

自身の頭の中にあるデータからの判断が

最も早くて効率的ですので、

そうせざるを得ません。

そうなると、やはり経験値が高いと

質の観点、量の観点でも素晴らしいデータが

頭の中にある状態になります。

スポンサーリンク

抗生物質で炎症を抑制

結局、小児科で処方された薬は

ステロイドではなく抗生物質でした。

小児科の先生曰く、

ステロイドを塗り続けた期間と同じ期間、

塗らない期間を作らないと

リバウンドから抜け出せないとのこと。

ステロイドを塗らないとなると

どうしても炎症するので、

少しでもそれを抑えるために抗生物質が処方されました。

ステロイドを塗らず、これを塗って

ステロイドのリバウンドから抜け出した後に、

次の処方を考えるとのことです。

抗生物質を塗り続けた結果

という訳で、治療というより

まずはその準備の位置づけになってしまいますが、

抗生物質を薄く、朝晩と塗り続けました。

確かに徐々に炎症は酷くなっていきます。

でもこれを乗り切らないと治せないので我慢です。

そんな日々を 4 日くらい続けましたが、

キレイにはなっていないものの、

カサカサした感じになってきて、

キレイな皮膚も一部、患部の下から出てきました。

家でも竜太 (仮称) が患部を擦らないように

要注意していますし、

事情を説明して保育園でも可能な範囲で

注意して貰いました。

その努力のためか、予想より良くなってきています。

もしかするとこのまま治るかもしれません。

取り合えず薬処方の 1 週間後にまた小児科に来るように

言われていましたので、

現状の症状を小児科の先生に診てもらい、判断頂く予定です。

早く治りますように…。

にほんブログ村

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m 育児人気ブログランキングへ
育児 ブログランキング

Facebook ページ

 - 子育て, 病気・体調