双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

竜子 (仮称)、初吸入

      2016/06/11

保育園から初めての電話呼び出しを経て、

会社を早退して帰宅し、

家の中の保険証と診察券を探し回り

保育園で子どもたちを回収して病院に駆けつけました。

1 人を看護師さんに抱っこして貰いながら

受付を完了させて診察を受けました。

スポンサーリンク

竜子 (仮称)、結構酷い症状

どうやら、入院一歩手前だそうです…。

薬の処方箋を書こうとする先生が

頭を抱えています。

こちらとしてもすげー不安です。

“もうちょっと酷いと入院レベルだなこりゃ”

みたいなことを言われています。

どんどん不安になります。

取り合えず薬を処方して様子を見ることになりました。

また、その場で薬を吸入することに。

吸入する薬も処方された薬も、

咳を止めるというより

器官を広げて呼吸し易くするものらしいです。

咳は止めずに痰を出す必要があるとのこと。

可哀想に…。

吸入する竜子 (仮称) の傍ら

診察を受けていると、

ようやく嫁さんが現れて合流しました。

竜太 (仮称) を任せて、竜子 (仮称) を抱っこし、

吸入の機会の前に一緒に座りました。

薬が気体になったものを吸い込むような感じです。

もちろん、竜子 (仮称) は嫌がります。

可哀想に…。

そして物凄く泣きます。

なぜか竜太 (仮称) が 笑

先生も、

“君はまだ大丈夫だろう 笑” と突っ込みを入れています。

どうした竜太 (仮称)。

竜子 (仮称) を心配してくれているのだろうか。

薬を受け取って帰宅

吸入と診察を終えて、処方箋を受け取り、

近くの薬局で薬を受け取りました。

薬代を含む子どもの医療費は

健康保険と自治体の支援で自己負担 0 なのが助かります。

財政難ですので、

このような補助はどこまで続くのか不明ですが…。

将来の世代で、

我々のように病気になる頻度が高い子どもがいると、

かなり家計をひっ迫させるように思えます。

私を含むこれからの世代は

やはり経済的なリテラシを身に付けて

何とか自己解決する必要がありますね。

さて、これでひと段落したのですが、

そう思うのもつかの間でした。

続きはまた明日。

にほんブログ村

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m 育児人気ブログランキングへ
育児 ブログランキング

Facebook ページ

 - 保育園, 子育て, 病気・体調