双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

竜太 (仮称)、独りで登園シール貼り

      2019/04/13

2019 年、早いものでもう 3 ヶ月経っていて

今年も 1/4 終わっていることになります。

3 歳児クラスが 4 月からスタートしていて

4 月からのカウントではまだ半月程度しか経っていませんが

またあっという間に

四半期だとか半年だとか一年が経っていきそうです。

で、3 歳児クラスがこれまでと違う点は

以前も記載していましたが

その中の一つとして、

登園時にシール貼りがある点があります。

子どもたちの登園時の

ちょっとしたモチベーションになっているのですが

モチベーションとは凄いモノで

子どもたちの自立を促すようです。

スポンサーリンク

シールを貼る場所がわかる竜太 (仮称)

シールの台紙は

カレンダーになっていて、

平日のところに、登園したらシールを貼る感じです。

4/12 登園の場合、

4/11 まではシールが貼ってあるので

その次の 4/12 は空白になっていて、

そこに貼れば良いという訳です。

その規則性に気付いたみたいで、

竜太 (仮称) は、ここに貼ってね、といった指示無く

一人で黙々とシール台紙を出して

シールを貼っていました。

また変なところに貼っちゃったかなぁ

と心配して見てみると、

ちゃんと該当日に貼っています。

割りと出来ないことが多いイメージの竜太 (仮称) ですが

興味所に対する爆発力というか集中力は凄いように思えます。

各月毎にシールの種類が異なる

このシール帳、

最初に配布されたときは

他のシールブックのように

気に入ったシールを見つけて

適当に貼ろうとしていました。

なので、竜太 (仮称) が真っ先に興味を示したのは

シールの候補の中でもご褒美シールです。

何かちょっと装飾がゴージャスな感じがして

特別感が醸し出されています。

その雰囲気に、思う壺のように飲まれた竜太 (仮称) は

そこからシールを取りたがって聞き分けが無い感じでしたが

今では 4 月のシールはここから選ぶ

というルールを把握しているみたいで

前述のように貼るべき場所を自分で把握して

貼るべき候補のシール群も自分で把握して

ルール通りやってくれます。

出来てしまっているので特別感は薄いですが

よく考えると凄いように思えて来ました。

ワガママが尽きない年齢なのに

イマイチよくわからないながらもルールの存在を認識して

それを違反すると嫁さんや私が煩いものだから

ルール通り取り敢えずやってみてくれている感じです。

こういった経験を何度も重ねて

秩序とかを理解するように思えました。

それと同時に、自由奔放だとか天真爛漫といった

大人に残り難く小さな子どもが純粋に持ち合わせているモノが

薄れていっているようにも思え、嬉しいのやら寂しいのやら

といった気分になります。

にほんブログ村

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m 育児人気ブログランキングへ
育児 ブログランキング

Facebook ページ

 - 保育園, 子育て