双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

竜太からのお手紙

      2020/03/31

このブログでは

何度か竜子が手紙を書いてくれている話をしていました。

背伸びして、保育園の 1 つ上や 2 つ上のお姉さんと

一緒に遊びたがる竜子。

お姉さんがやることを真似したいみたいで

文字の読み書きにも早くから興味を示し

KUMON で取り組んでいる算数よりも

文字の読み書きを自力で習得していっている感じです。

やはり、興味が一番の勉強に繋がりますね。

で、竜子はお手紙を何度か書いてくれていて

最初は本当に嬉しかったのですが

気が付いたらお手紙書いてくれるのが普通になってきていて

有り難みを感じなくなってきていました。

そんな折、

竜太が何の気まぐれなのか

お手紙を書いてくれました。

スポンサーリンク

きっかけはキレイな鉛筆か ?

これまで、ベネッセの通信教育、

こどもちゃれんじ を

嫁さんの母親さんのご厚意で購読している状態でした。

ただ、双子のメリットという訳ではありませんが

1 人分の教材で 2 人分、取り組ませていた感じです。

まぁ教材といっても

ほとんど、おもちゃのようなモノなのですが

とてもコスパが良くて

よくよく見ると安っぽいところはありながらも

子どもたちは喜んで遊んでいました。

2020.4 から年中さんになるのですが

ベネッセのこどもちゃれんじ、コースが微妙に別れて選択制のようです。

1. DVD とかおもちゃとか付録メイン
2. 中庸
3. テキストによるワークブックメイン

うちはモノが散乱していて

片付いていない状態ですので

もう、こどもちゃれんじ で入手出来るおもちゃは割り切って

3 を選びました。

それにより、2 人で 1 つの教材を使うことに限界が生じていたので

2 人分、こどもちゃれんじを購読することにしました。

その際の購読特典として

虹色を描ける鉛筆 (芯が複数色) が付随していて

それを子どもたちが見つけて、使いたかったようです。

竜子はお母さん、竜太は私

で、その虹色の鉛筆を使って手紙を書くことになりましたが

竜子は大好きなお母さん (嫁さん) に書いていました。

お母さん宛の手紙枠を竜子に取られたためか、

私が可哀想に思えたのかわかりませんが

竜太は、私に手紙を書くと言い出したのです。

竜太は最近、

絵本のひらがなを読むことに興味を持ち始めていて

お風呂から出ると、寝るまでの間に

結構、頑張って絵本を音読しています。

でも文字はあまり自分で書かず、

竜子に代わりに書いてもらったりしていました。

なので、竜太が文字を書くだけでもちょっとビックリですし

私宛というのもビックリしました。

作ってくれたお手紙には

読む順番とか物凄く気をつけないと行けないくらい

書いた文字が散乱しているモノでしたが

おとうさんだいすき

と虹色で書いてありました。

性格には、上記の文字が点在するので

順に拾って読む感じです 笑

たまたま、手元に定期入れがあったので

竜太の手紙を入れておくことにしました。

こんなことしていると、竜子を可愛がっていないように思われるので

今度、竜子の手紙も入れておこうと思います。

竜子の手紙にも

おとうさんだいすき

の文字が書いてあります。

私の宝物です。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て