双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

竜子 (仮称)、階段から落ちる

      2018/05/07

先日、親の責任について投稿していました。

自分の子どものみならず

他所の子に危害を加えないか

といった観点でも親の責任は存在していて

常に気を抜けないと再認識していました。

が、今度は自分の子どもについて

気が抜けていたがために

可哀想なことをしてしまいました…。

竜子 (仮称) が階段から転落したのです。

スポンサーリンク

多忙で疲労困憊だった連休

祝日からなる連休中は保育園もお休みです。

子どもたちは保育園で遊ぶのではなく

我々と一緒に過ごすことになります。

子どもたちはそれはそれでとても幸せそうにしてくれますが

親への負担は大きいですよね。

しかもせっかくの連休中なので

退屈させては申し訳ないと思い

毎日外出して遊ばせてあげようとしていました。

その日も、出発の準備を予定よりも遅くなりながら

慌ててしていて

いざ出発し、うちの外の階段を降りる際に

嫁さんも私も手が回らず

竜子 (仮称) が一人で階段を降り始めたのです。

既に竜子 (仮称) は上手に一人で降りたりも出来ていたので

あまり気に留めていませんでしたが

そんなときに限って失敗は起こるようで…。

階段を踏み外して転落しました。

私は 1 階に先に行っていて

外でベビーカーを用意していましたので

どんな様子か見ることが出来ませんでしたが

嫁さん曰く、階段で顔面を打って

ひっくり返った (前方転回) ようです。

大泣き後、急に眠る…

慌てて駆け寄って竜子 (仮称) して

抱っこして取り敢えず家に駆け込みました。

打ったところ、最初はわかりませんでしたが

見る見るうちにたんこぶが大きくなってきて

擦り傷部分が赤くなってきました。

保冷剤でたんこぶを冷やしてあげて様子を見て

嫁さんと話し、

病院に行くことにしました。

祝日なので、普段行っている小児科には行けず、

もう少し規模の大きい病院の緊急外来に電話すると

脳外科や小児科は居なく、整形外科なら居るとのこと。

取り敢えず診てもらうことにして、病院に向かいました。

抱っこ紐で竜子 (仮称) を抱えると

竜子 (仮称) は物凄く不安になっていて

私にしがみつきました。

その後、急にウトウトして寝てしまいました。

何か顔色も悪く、ぐったりしている様子。

これはマズイと嫁さんも私もかなり焦りました。

もともと外出の予定で準備していたので

その荷物ともちろん竜太 (仮称) も一緒に

そのまま病院に連れていったのです。

長くなりそうなので、

続きは明日にでも記載します。

にほんブログ村

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m 育児人気ブログランキングへ
育児 ブログランキング

Facebook ページ

 - 子育て, 病気・体調