双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

左右の違いの認識が難しいらしい

      2019/08/08

子どもたち、毎朝、

頑張って KUMON の宿題をしています。

まだ計算問題はありませんが

算数に該当する数字を使った問題と

運筆を鍛えるためと説明を受けている線を引く問題を

それぞれ 5 枚ずつです。

国語や英語を足すと、更にそれぞれ 5 枚ずつ追加になるので

流石にそれは子どもたちも大変ですし

私も見て上げるのが大変なので、

取り敢えず科目数は今のまま据え置く予定です。

で、その算数というか数字の問題ですが

隆太 (仮称) も竜子 (仮称) も

同じようなところで躓くことがわかって来ました。

これは恐らく、認識能力の発達に依存するところで

大きくなれば解決すると思いますが

いつ認識できるようになるのかは

個人差があるような、そんなものと思われます。

スポンサーリンク

12 と 21 の違いが難しいらしい

子どもたちの数字の宿題、

1 から 30 まで数えたり

その中の数字を使った問題があったりします。

最初は 1 から 10 まで

次は 1 から 20 まで

今では 1 から 30 までと

徐々に範囲が広くなって、多くの数を扱うようになってきました。

で、一見、どんどん習得しているように見えても

20 から 30 が加わったことで

急によく間違える事象が出てきました。

それは、21 を見て 12 と読んでしまうだとか

その逆だとか、です。

小さな子どもは、

頑張って見よう見まねで

数字とかひらがなを書こうとしますが

よく、鏡に写った左右線対象の反対になることがあります。

鏡文字というやつですね。

で、本人たちは

その鏡文字と、

実際の書きたかった文字の違いを

認識する事ができず、

同じものに見えると聞いたことがあります。

それと同じく

12 と 21 を間違えるあたり、

左右の区別が付いていないと思われます。

その区別を付ける能力が未発達な状況で

12 と 21 をそれぞれでしっかりと覚えようとしても

どうしても、混在するのだと思います。

12 を見て 21 と言ってみたり

21 を見て 12 と言ってみたり、と。

10 の位の定義も無理

よく考えると無理もないのですが

子どもたち、1 から 30 まで数えられますが

10 の位の定義が出来ていません。

なので、24 と書かれている数字を見て

2 が左にあるので 10 の位で

4 が右にあるので 1 の位で

読み方と意味は にじゅうよん

といった読み方をしている訳ではありません。

あくまで、

呪文のようにして唱えて覚えた

1 から 30 までを数え上げる歌詞の中に

24 が含まれており、これは にじゅうよん と発音する

くらいにしか理解していないみたいです。

それが故に、

24 をパッと見たときに

間違えて 14 と言ってみたりします。

ロジックを理解すれば

100 を超えるような大きな数字も読めて意味がわかりますが

ロジック無しに

1 から 30 まで歌詞のようにして覚えたそれぞれの数字の発音を頼りに

その数字を認識しているような感じに見えます。

なので、恐らく、40 を超える数字とか 50 を超える数字とか

増えれば増えるほど、

今数えることが出来ている 1 から 30 までの数字の中で

11 から 20、21 から 30 までの数字は

今後も取り扱いに苦労しそうです。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て