双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

竜太の 6 歳臼歯に穴

   

このブログでは何度も触れていますが

我が家では子どもたちの歯のケアをかなり頑張っています。

私も嫁さんも虫歯が酷く

神経抜いていたり詰めていたり…。

命にかかわりは無いとは言え、

やはり人工物を入れている状態は

体への負担が少なからずあるでしょうし

つなぎ目のところはやはり虫歯になり易く

メンテナンスとして歯磨きを念入りにすることになり

虫歯 0 で治療も無い状態が

一番、時間効率良く維持出来ます。

一度でも虫歯になると負のサイクルが始まります…。

そんな苦労を子どもたちにさせたくないため

子どもたちには歯のケアをしっかりする習慣を

根付かせたいと思っています。

私が虫歯と治療を繰り返した後悔を経て確立した習慣を

しっかりと…。

で、そんな心づもりで普段から過ごしていますが

先日、嫁さんが竜太の歯を仕上げ磨きする際、

不吉なモノを見つけました。

スポンサーリンク

最近、生えてきた 6 歳臼歯に異変

竜太は異常に歯の生える時期が早いです。

乳歯も人より早く生え始めましたし

保育園のクラスでも最初に歯が抜けました。

抜けたかと思うともう大人の歯が生えて埋まっていて

何事も無かったのような感じに…。

で、気が付いたら奥歯の奥に新しい歯が生えてきていました。

6 歳臼歯と呼ばれるはらしいです。

ちなみに竜太の口の中は、どういう訳か竜子より暗いです。

口の開き方が下手なのかもしれませんが

どんなに頑張って口を開けて貰っても暗い…。

なので、奥歯はなかなか見え難いのですが

先日、嫁さんが仕上げ磨きをするとき、

普段見え難い 6 歳臼歯に違和感を感じ始め

普段より慎重に見たところ、嫌なモノを発見しました。



です…。

嫁さんはそれを虫歯と思い、

私も見てみることに。

見たところで私も素人なのでわかりませんが

確かに、縦長の穴が亀裂のように入っています。

これは大変、と

急いで普段通っている歯科医の HP にアクセスし

普段、簡単に予約取れませんがダメもとで予約を試みたところ

偶然、近日に開いている時間枠が。

早速、連れていってみることにしました。

シーラントを埋めることに

穴の場所は 6 歳臼歯の頬側の側面です。

穴は結構大きかったらしく

歯医者さんも虫歯に思ったらしいのですが

触ってみたところ、柔らかくなっていない、とのこと。

虫歯だと触って分かるのだそうです。

堅かったことと、

歯石とかも溜まっていなく

歯磨きもしっかり出来ていることと

実は反対側の 6 歳臼歯が生えかかっているところを見ると

同じく頬の方に穴となる溝が出来ているため

生まれつきの形であって虫歯では無いと判断されました。

一安心ですが、

虫歯では無いといっても穴が空いていることは事実。

このような穴に歯垢や歯石が溜まって虫歯菌が繁殖すると

勿論虫歯になりますので、虫歯になりやすい状況。

処置をする必要がありますが、

シーラントというプラスチック樹脂を埋めることに。

穴が大きく、埋めるにしてもギリギリのサイズ、だそうです。

反対側の歯も同じく処置が必要ですが

2 カ月後の予約となりました。

もう少し生えてからの方が良いとのこと。

普段から大人と子どもで食器分けたり

飲み物の回し飲みもしてませんし

食べ物も大人の食べかけを上げることはありません。

歯磨きも毎食後、おやつ後にしています。

ここまでやっても、結局、

生まれつきとかで虫歯になりやすいとは…。

歯磨きを頑張っている本人は全然悪く無くて

強いて言えば、生まれつきを生んだ遺伝子を持つ

嫁さんや私が悪い訳ですが、

それでも理不尽な感じがやるせないですね…。




にほんブログ村

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m 育児人気ブログランキングへ
育児 ブログランキング

Facebook ページ

 - 子育て, 病気・体調