双龍の父、大地に立つ

双子座、AB 型、晩婚理系男子が双子を授かりました

竜太、電車遊びが高度に

      2020/02/17

以前もこのブログで触れていましたが

うちには BRIOプラレールがあります。

最近はプラレールで遊ぶことが多くなっていて

BRIO はもう卒業かなぁ

と思っていたら

意外とまた BRIO を引っ張り出して

また遊んでいたりしています。

なので、BRIO とプラレール、

どちらか一つにすることが出来ず

両方残していますが

竜太の電車遊びが高度になってきて

何と二つ組み合わせた遊びをし始めました。

スポンサーリンク

最初にプラレールで楕円

黙々と線路を繋ぎ始めた竜太。

うちのプラレールセットには

ちょっとした山を螺旋に上って

その高さから

ジェットコースターのように降下するレールがあります。

このパーツを使いながら、

大きめの楕円を作り

クリスマスプレゼントで貰った こまち の

スイッチを入れて走らせていました。

ちなみに同じくクリスマスプレゼントで貰った

はやぶさ は、その隣に置かれた小さな楕円のレール上を

既にグルグル周り続けていました。

BRIO のレールを立体交差

プラレールで出来た大きな楕円と小さな楕円に

それぞれ こまち と はやぶさ がセットされ

2 台ともグルグル周っていました。

そんな遊びも出来るようになったのか

と感心しながら眺めていると

今度は BRIO が格納されたおもちゃ箱を

引っ張り出して

BRIO の線路を

こまち が走る楕円のレールに

立体的に交差するように設置していきました。

で、BRIO の線路が完成すると

今度は BRIO の線路の上に

トーマスとパーシーをセット。

2 台走らせるのですが

木の線路で摩擦係数が足りないらしく

こまち が走るプラレールの楕円のコースを

跨ぐ形にセットした BRIO の上り坂と下り坂のところで

トーマスとパーシーの力では

登れずに躓いてしまいました…。

それでもそこまで気にしなくて

手で押して登らせてあげたり

貨物を上下させる車両のロッキーを傍において

ガチャン

と言いながら押してあげたりして

BRIO の線路の高低を

トーマスやパーシーでも通れるようにしていました。

何というか、

コース作りも小難しくなってきましたし

遊び方も豊になってきました。

竜子は電車遊びにそこまで興味を持たず

ひらがな を使ったおもちゃで黙々と遊ぶあたり

性別差を感じたのですが

まぁ、二人とも大きくなったものです。

にほんブログ村 子育てブログ

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓1 日 1 回の応援クリック、よろしくお願いします m(._.)m
育児 ブログランキングへ

Facebook ページ

 - 子育て